げん玉クラウドで売れる記事の作成方法とは?例文を元に解説

ポイントサイトげん玉にはCROWDと呼ばれる記事作成サイトが存在します。ちょっと見つけるのが難しいサイトだったりしますが、ここで記事作成ができます。今回は例文を元に、CROWDで稼ぐ方法を解説していきます。

こんな人に読んでほしい

げん玉を利用したことのある方

記事作成のコツを知りたい方


ポイントサイトは数あれど、記事作成ができるサイトはまだ一部だけです。

基本的にはアプリインストールだったり、会員登録なんかでポイントを集めたりしますね。

ただ、アプリインストールや登録系は怪しい、そこで人気が集まるのが記事作成系ポイントサイトです。

記事作成は収入の仕組みがわかりやすいので信頼性がありますからね。

そこで今回はポイントサイトの記事作成、げん玉のCROWDについて紹介します。

通称げん玉クラウドですね。

げん玉クラウドとは


通称はげん玉クラウド、げん玉に登録することで使える記事作成サイトです。

あれ、探しても見つかりませんよ?

ちょっと探すのが面倒なのが玉に瑕です。げん玉内から探すより、直接げん玉クラウドと検索すると良いでしょう。

わかりました。

CROWDでは4つの事ができます。

記事作成」「データ入力」「レビュー」「写真撮影」ですね。

今回取り扱うのは記事作成ですが、CROWDで稼ぎたい方は記事作成をおすすめしますよ。理由は単純、「稼ぎやすいから」です。まず、文字数は1000文字以内で単価が多く、慣れると数分で完成させることができるからです。

とはいえ他の3つも稼げないというわけではないので、記事作成に慣れないなと感じた人は別の3つも試してみてください。

例文を元に書き方を学ぼう


では記事作成を始めましょう。

よろしくお願いします。

参考にする例文は「CROWD 例文」で検索してください。今回は例文に共通する書き方を解説します。

というと、つまりはどう書けばいいか、ですか?

はい、内容が異なっても書くべき事やどういった書き方が読みやすいかというのは共通しています。

なるほど、コツを覚えろ。という事ですね。

まず、記事作成の前に作業ページをしっかり確認しましょう。ルールには禁止事項などが記載されていますので、しっかりそれを守るようにしましょう。

いざ作成画面に移るとタイトルと本文が表示されます。げん玉CROWDの便利な所は文字数カウントや、キーワードカウント機能があらかじめ搭載されいてるということ。いちいち文字数を調べる必要なく、リアルタイムでどの程度書いているかがわかります。

指定されたキーワードを指定数以上本文・タイトルに入れる必要がありますが、あまり偏らせてしまわないように、文章全体に散らばるように書くようにしましょう。そして大切なのは文の節目にしっかり空白を開けること。しっかりと行間が開いてないと読みにくいですからね。

総合「げん玉クラウドでの稼ぎ方」


最初の内は数百文字程度の記事でも1時間以上かかったりするかもしれません。

文章をを考えたり、検索したりする手間が必要ですからね。

しかし、文章を自然と脳内で作り上げられるようになったり、様々な知識を得ていく事でより早く、完成度の記事を書くことができるようになるでしょう。

記事作成だけで食べていける人は、一時間で数百文字の記事を10個以上書き上げることもできるんだとか。

そして記事作成で稼ぐために必要なのは扱く単純な事です。

数を稼ぐ、ですね。

アフィリエイトブログならともかく、記事を作って納品するというこういったサイトでは、数が物を言います。もちろんしっかりと商品として受け取ってもらえる質は必要です。

何が言いたいのかというと、質にこだわりすぎないということ。1つ1つ真剣に、出来得る限り最高の質を提供するというのは悪いことではありません。しかしある程度妥協も必要です。

最高品質のものは量産が難しいというのは工業製品なんかも同じ事が言えますね。適当は駄目ですが、しかしある程度妥協して仕上げる事で、効率よく記事を作成することができるでしょう。

まとめ

げん玉は他にも通常のポイントサイトと同じようにポイントを稼ぐ方法もあります。ちなみにポイントレートは10ポイントで1円になりますので、1800ポイントの記事依頼なら180円という風になります。単価が高い記事を選んでもいいのですが、自分の得意な記事の方が早く終わって結果稼げたりするかもしれません。しかし、それでも文字単価で換算すると0.1円だったり多くても0.3円程度だったりします。お小遣い稼ぎにはそれでも構いませんが、記事作成で本格的に稼ぎたい人は、是非記事作成依頼する立場になってみませんか?アフィリエイトブログやまとめサイトなど、大量の記事を作り、広告収入や商品購入による収入を得ることができるでしょう。また、それら記事はライターに依頼することになります。そんな時はまとめて大量の記事を一定以上の品質で書き上げる事ができる記事作成センターの利用をおすすめしますよ。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成ができるwordpressとは?初心者向けの使い方解説

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG

ニコニコ大百科で記事作成!ニコニコ大百科の基本知識を解説

クラウドソーシングで稼ぐには?記事作成のコツ

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

記事作成入門。naverのまとめ記事作成方法