もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

副業・在宅ワークとして人気な記事作成ライター。気軽にできるというのが魅力ですが、ネット社会化する一方でパソコンが使える方が減っているんだとか。ライターになりたいけどパソコンは疲れる、使えない。そんな人におすすめなアプリをご紹介します。

こんな人に読んでほしい

スマートフォンを保有しているライターの方

パソコンが使えないけどライターになりたいという方や、長時間パソコンを使う事が難しい方


昔では考えられなかったことですが、当たり前のようにネット上で情報が公開されたり、ニュースを見たりできるようになりました。

iPhoneやスマートフォンも年々新型機種が発表されたりと、身近にインターネットへつながる機会が増えていますね。

しかし、社会全体がネット社会化する一方で、パソコンが使える人が相対的に減っていると言われています。

スマートフォンの普及による弊害、ですね。総合した費用としてはスマートフォンの方がお金がかかりますが、パソコンは回線やセットアップ、ソフトのインストールなどの手間があったり、そもそも外出先ではスマートフォンが便利過ぎるというのがパソコンを使わない理由ですね。

そんな「スマホ社会」の現在。ライターのスタイルもスマートフォンに適応する形で進化しています。

「携帯小説」なるものがガラケー時代からあるように、そもそも文章を書くことと携帯の相性が悪いというわけではありませんものね。

iPhone・iPad・Androidで使えるアプリ


スマートフォンとiPhone、機種の違いこそあれできることは同じです。

この両者はスマートフォンが「GooglePlayer」で、iPhone・iPadが「App Store」を経由する形でアプリをインストールしますよね。

基本的にApp Storeの方が審査が厳しいと言われていて、iPhoneにはないけどAndroidにはあるというアプリも多く存在します。

リリースもAndroidが先行して行われるということが珍しくありませんからね。

今回はAndroid・iPhone両方で使用することができるソフトを中心に紹介していきます。

よろしくお願いします。

iPhone・Android両方で使えるアプリ。その中でもダントツの人気と信頼性を誇るのがマイクロソフト社が提供するMicrosoft Wordです。WindowsOSを生み出したMicrosoftならではの、信頼性の高い堅実な性能で、何よりも特徴的なのが互換性の高さ。レイアウトがPC版のWordとほぼ同じなので、普段からPCでWordを使用している人は直感的に操作が可能。そのままWindowsPCとデータを共有できます。

さらに、データはクラウド形式で保存されているため、どんな場所でもデータを参照することができます。そしてMicrosoft Wordと双璧を成すノートアプリのトップEvernote」もおすすめです。手書き・ワード形式で文章や写真、資料を記録することができます。情報を管理するにはおすすめのアプリです。

無料より有料?


さて、紹介した2つは無料アプリなので、気になったら自由に使うことが可能です。

おお、お金がかからないというのは助かりますね。

しかし中には「無料だからイマイチな機能しかないんじゃないのか」と思われた方もいるのではないでしょうか。

確かに、無料ということはそれでお金を取れないわけですし、開発費とかの問題もあるわけですよね。

では次は有料アプリを紹介していきましょう。

お願いします。

無料アプリと有料アプリ、どちらが良い悪いなんてことはありません。そして無料アプリで高性能なアプリが存在するように、有料でありながら機能不足だったり完成度の低いアプリというのも存在します。

しかしやはり利用料金が発生しているだけのことはあり、有料アプリは基本的に多機能で便利です。例えば、IOS専用の有料アプリiText Pad」は、360円でプロのような本格的な文を書くことができるアプリです。ただ単純に様々な形式で文章を書いて保存できるだけでなく、校正機能もあるので書いた分をそのまま校正してもらって完成させることが出来ます。

テキストエディタだけじゃない?便利なアプリ


さて、無料アプリと有料アプリについて紹介しました。

無料で便利なツールを揃えるか、有料で本格的な記事作成を行うか。

その辺りは個人の都合や考えによりけりですね。

そうですね。

では次は文章を書いたりするテキストエディタとは違った便利アプリをご紹介します。

そんなものもあるんですね。よろしくお願いします。

執筆に役立つ便利アプリを紹介します。あって困らないのは「辞書アプリです。単語の意味や正しい使い方を調べるには辞書ですよね。わからない言葉に遭遇したとき、自分で調べることは大切です。また、漢字を書いて読みを調べるアプリなんかも存在します。

ふとした時に、書き方はわかるけど読みがわからないなんてことはありませんか?キーワードや記事内容によっては難しい漢字を使うこともあります。そういった時におすすめです。こういった痒いところに手がとどくようなアプリは結構豊富に存在しています。

記事作成中になにか気になったり、ちょっと不便だなと感じた場合は、そういった機能を補えるアプリを探してみてはいかがでしょうか。

まとめ

記事作成のお仕事はお手軽ですが、ちょっと難しい部分もあります。そういった部分を補えるアプリを自由にインストールできるのはスマートフォンの特権でしょう。パソコンの場合はスマートフォン以上に利用者ごとにスペックの違いが存在しているので、便利なツールをダウンロードしたが、OSが違うから起動しない。スペックが足りなくて逆に不便になった。ダウンロード、インストールに時間がかかり業務に支障が出たなど、様々な障壁に出くわします。

より本格的に記事作成でお金を稼ぎたい方は、記事作成センターといった代行業者へ作成を依頼し、自身はできあがった記事を管理するためのアプリを使う、そういった形でもお小遣い稼ぎが出来ますよ。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

関連記事

記事作成の代行先を選ぶ前に!ハズレを引かないための知識とは?

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG

記事作成で稼ぐためのライティング業向けサイトをご紹介

完成度の高い記事を作ってもらうには?記事作成の依頼について

初心者のための記事作成のコツ!知ることで売れる記事が書ける?

ライティング業とは何か?記事作成の需要について