アフィブログを発展させるにはバイトを雇い記事作成を依頼しよう

アフィリエイトブログを運営していると、記事作成とサイト運営の平行の負担で中々作業が進まず、記事作成が滞ったりしますよね。自分だけで作業できたほうが利益率は良いものの、仕事量に上限はあります。より稼ぐためには外部ライターが必須です。

こんな人に読んでほしい

アフィリエイトブログ運営者の方

フリーライターの方


記事作成といえば2つの稼ぎ方がありますよね。

アフィリエイトブログと、受注記事作成ですね。

儲かる方はどちらかと言うとアフィリエイトブログですが、その分腕が問われます。

仕様に沿った記事を書き上げて納品するだけで、収入が発生する受託記事作成に比べると安定しませんよね。

そして何よりも、記事を書き上げればいいというわけではなく、ブログを運営しなくてはいけないという手間が必要なのです。

読者の存在が大切ですからね。

アフィリエイトブログでライターを募集するには


ブログの運営は記事数が多くなるとその分難しくなります。

ブログのコメント欄や記事の追記修正ですね。

もちろんそれらを一切行わず、記事作成に集中するというのも良いでしょう。

でも読者が商品を購入してくれない限り収入が得られないので、余程自分の記事に自信のある方以外にはおすすめできませんね。

「一人で出来ないのなら人の手を借りよう」そう思ったのなら、アフィリエイトブログ運営者はまず外部のライターを雇うことになります。

記事作成依頼するんですね。

アフィリエイトブログの場合はライターの方に記事作成依頼することになります。

ブログの運営を依頼するよりも結果的な収支に繋がるため、より多くの記事を依頼して自分は完全に運営に集中するということも可能です。

ただ、そうなると運営にかかる手間が増え、ライターとの連絡などもあって自分が記事作成を行う時間は確実に少なくなってしまいます

あくまで自分の手で記事を書きたい、という方は仕事依頼の配分をよく考えましょう。また、ライターの腕によっては出来上がった記事で儲けることができなかったりもしますので、しっかりと仕様書などは用意しておきましょう

依頼料金はあくまで記事単価で


アフィリエイトブログの記事で利益を得るには、文字通りアフィリエイト収入に頼ることになります。

そうですね。

ではライターに依頼する際にはどのように報酬を支払いますか?

ん、普通に記事の作成料として支払うのでは?

はい、ただその料金の決め方です。記事依頼の価格、それをどう決めたら良いのかというお話です。

記事単価……普通なら文字数で決めたり、でしょうか。

基本的に企業が出す記事作成依頼というのは、記事そのものでお金を稼ぐために依頼をしているわけではありません。サービスとして説明したり、データをまとめたりするのに必要な部分を作るために依頼しています。

それに対してアフィリエイトブログの場合は、記事によって発生する広告収入が必要です。商品によってはそれこそ1記事で数万の利益が出ることもあります。ではライターの方にはその内から数割を支払わなければならないのか?という話ではなく、普通の受託記事作成依頼と同じ様に、記事単価として価格を設定するだけで構いません

相場は1文字1円から、依頼を募集する方法によってはその手数料から価格を変更しても良いでしょう。

人員を雇うためのおすすめサイト


実際人を雇おうと思うと、どうやって集めたら良いのかわからないという方も居ることでしょう。

そうですね、これまでは自分で記事を作っていましたから。

一度フリーのライターとして仕事をしていた方なら想像はできると思いますが、基本的に企業は依頼の募集を取り扱うサイトに登録します。

直接ライターの方に連絡しても良いんですけど、向こうの都合というものもありますからね。

というわけで次はそういったサイトの利用方法などを解説します。

よろしくお願いします。

まず、依頼を出すためには2つの方法があります。一つ目は記事作成依頼を出すことができるサイト。

こちらは無料会員登録で利用できるものの、募集一覧上位に表示したりピックアップ表示するためにサービス料金が必要だったりと、依頼料とは別の料金が必要です。しかし、一度出しておけば応募が来るまで待っていれば良いので、急いでいない際はこちらでも良いでしょう。

もう一つは直接依頼するという方法。しかし前述の通りライターの方には個人の都合もありますので、断られてしまうことがままあります。

そういった時におすすめなのがライターを雇っている代行業者です。複数のライターを雇い入れているので、余程人気があったりしない限りは仕事を受けてくれるでしょう。

まとめ

アフィリエイトブログを更に発展させるための、ライターへの仕事の発注方法などを解説しました。記事作成を外部に委託することで、自分は運営に集中できるようになり、更に月々に公開できるようになる記事数も増えます。代行業者を利用する際は、ぜひ一度記事作成センターのご利用を検討してください。記事は全て内部のライターによって執筆されており、ライターのアサインにかかる時間も省くことができます。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG

記事作成の相場はどのくらい?しっかり稼ぐためには

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

初心者のための記事作成のコツ!知ることで売れる記事が書ける?