バイトに最適な記事作成のお仕事を始める前に知っておくべきこと

自宅でもPCやスマートフォンがあればできる仕事、「記事作成」。ライターとして仕事を始めるのは簡単ですが、誰でも簡単に稼げるというわけではありません。今回はバイトとしてライターを始める方向けに解説していきます。

こんな人に読んでほしい

記事作成のバイトを始める方

副業・お小遣い稼ぎの方法を探している方


正式なお仕事、いわゆる正社員以外のアルバイトはそれこそ数え切れない程の職種・仕事内容が存在しています。

土木系の肉体労働から、塾講師や家庭教師など知識を要求されるもの、単純作業でちまちまと物を作るお仕事まで本当に色々ありますね。

その中でも記事作成、いわゆるライター業は比較的楽なバイトです。

パソコンやスマートフォンがあればできますし、現代でどちらも持っていない人は珍しいですからね。

元々どちらかを持っている人なら元金はほぼゼロ。代行業者とのアルバイト契約だとしても、経費は交通費くらいですね。

そんなライター業を始める前に知っておくことなんかはありますか?

バイト・在宅で記事作成のお仕事始める前に知っておくこと


記事作成のお仕事を始める前に知っておくべきことは色々あります。

ぱっと思いつくことだと、文章の書き方や文量、内容に関する事でしょうか。

それも大切ですが、記事作成も商品を売る仕事なので、ただ書けば売れるというものではありません。

顧客のニーズに答えれば良いのではありませんか?

それだけではありません。記事作成だからこそ覚えておく必要がある「基本」が存在するのです。

それは何でしょうか?

記事作成、つまりライターのお仕事と言えば文才が求められるようなお仕事だと思われがちですが、実は最低限文章が書ける程度の文才さえあれば十分だったりします。

きらびやかな文章を書く力や、発想力は求められません。いかに「わかりやすく」書けるのか、そして「要点を理解できる」力が重要だからです。更に、記事作成は読者が存在することで収入が得られるお仕事です。

バイトの場合は時給換算ですが、納品した商品はライターの腕によって売上が左右されます。通常の工場で部品や商品を製造するというお仕事なら、何かしらミスがない限り決まった商品が完成しますが、記事作成の場合はたとえ同じキーワード、仕様書通りに執筆しても、ライターによって内容は異なります。そのあたりを理解しているかどうかで、ライターとしての評価が決定します。

バイトと在宅、どちらがおすすめ?


さて、実際にライター業を始めるとすると、どのような形式で始めますか?

どのような形式、ですか?

はい、バイトとして代行業者所属のライターになるか、フリーライターとして仕事を受けるか、それともブロガーとして自分で稼ぐかです。

なるほど、ちなみにその3つだとどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

そうですね、ではこの3つの形式の違いを解説しましょう。

しっかりとメリット・デメリットを把握することは大切ですよね。よろしくお願いします。

“ライター”には働くスタイルが3つあります。1つは特定の代行業者とアルバイト契約をして働く形式です。比較的に収入は安定し、仕事も勤務先の会社が探してくれる(受注してくれる)ので、依頼者探しをする必要がないメリットがあります。

もう一つはフリーライターとして依頼を受け、記事作成を行う形式。こちらはバイトよりもより多く収入を得ることができますが、自分で仕事を探す必要があり、実力も求められます。

そして最後は自分で記事を作成し公開する、いわゆる「アフィリエイトブロガー」です。サイトの収益をすべて自分の懐へ収めることができますが、要求される水準は高いです。記事のネタ探しから問題の対処まで、自分一人で行う必要があります。

一概にどれがおすすめとは言えませんが。ライターとしての経験を積みたい場合はバイト形式。副業としてお小遣い稼ぎをしたい人はフリーライター。ライターとして食べていきたい人は個人運営をおすすめします。

依頼募集をする際の注意事項


ここまではライターとして働く人の視点で解説をしてきました。

そうですね。

最後は逆の視点。ライターへ依頼する側の視点で解説します。

具体的にはどのようなことを解説するのでしょうか?

ライターへ依頼する際や、記事作成をする際に気をつけておくべき点や理解しておくべき点を解説します。

なるほど、ライター側もそれを理解しておくと、多少依頼者への理解が高まりますね。

依頼者側が用意すべきものは「仕様書」です。具体的に記事のキーワードや形式をまとめた仕様書を用意しておかないと、ライターとの間に認識の違いが発生し、必要としている記事とは違ったものが完成してしまうことも。

仕様書に必要なものは「キーワード・文体・形式・NG事項・文量」などです。キーワードはもちろんのこと、これらは記事を書く際に必要不可欠なものです。また意味する範囲が広いキーワードの場合は、タイトルや仕様書で範囲を指定しておくことが必要不可欠です。

続いて文体・形式。ブログ記事なのか、まとめ記事なのかといった形式や「ですます口調」「である口調」なのかといった文体の指定もしましょう。

NG事項とは特定の単語や言い回しを控える、あるいは一切使わないようにという指定です。記事が気軽に読まれることを希望するなら、記事では難しい言い回しを禁止して、難しい漢字をひらがなにするといった指示を出してください。そして分量ですが、基本的には3000字までが人が集中して読める文章量だとされています

まとめ

記事作成はバイトとして最適なのか?そういった疑問を持つ方も居るでしょう。身体を動かさないから楽だろうと思われがちですが、一日中座って画面とにらめっこすることになるので、バイトとして始めたい方はそれを頭に入れておきましょう。また、記事作成センターといった代行業者の元でバイトとして所属すれば、経験を積むことで後々独立したりすることができますよ。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

関連記事

完成度の高い記事を作ってもらうには?記事作成の依頼について

記事作成の仕事は難しい?依頼・受注について解説

げん玉CROWDの記事作成で毎日1万円以上稼ぐコツ

NAVERまとめで稼ぐには?人気をあつめる記事の作成について

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法