初心者のための記事作成のコツ!知ることで売れる記事が書ける?

記事作成のお仕事を始めてから「難しい」とか「中々評価されない」といった感想を持ち始めた方もいらっしゃるでしょう。そんな方が成長できるように、記事作成のコツを解説していきます。

こんな人に読んでほしい

記事作成を始めたばかりの人

ライターとして成長したい人


記事作成のお仕事は順調ですか?

だいぶ慣れてきました……。

おや、何かお悩みでも?

書いた記事があんまり評価されなくて……ボツってほど悪い出来ではないみたいなんですけど。

なるほど、評価される記事を書くには経験とコツが必要ですよ。

コツですか、それを知れば……!

ステップその1、コツを知ろう


記事作成のコツと言われると、どのようなものを想像しますか?

んー、やはり文章の書き方でしょうか。

文章の書き方ですか。

有名な作家のような、読みふけってしまうような文が書くことができれば人気も出るでしょう。

なるほど、確かに文章力はあるに越したことはありませんが、そういった文才は万単位の文字量が使える物語で発揮した方が良いでしょう。記事作成に文才そのものはあまり必要ではないのです。

文才が必要ない、ならどんなコツが必要なのでしょうか?

記事の評価を上げるためには読みたくなる記事・読んでいて楽しい記事になるように記事の書き方やコツを把握する必要があります。まずはそのコツを知り、そこからいかに決められた文量で読者を引き込むことができるか。読み終えてから読者がそっとブックマーク登録する、そんな記事が書けて一流のライターです。

そして一流のライターになるために必要なコツというのが、「簡潔に要点をまとめる」ということです。

内容がわかりやすいと読みやすい


記事に必要なのは情報量……では無かったりします。

えっ?でも読者の方は情報を得るために調べるんですよね?

えぇ、知りたい、あるいは気になったからそのキーワードを検索しています。しかし、何でもかんでも1から10全ての情報を詰め込めば良いとは限りません。

というと?

記事作成において求められるのはわかりやすさ、そのキーワードに関するより深い情報はそれこそ専門書や専門のサイトにまかせておけば良いのです。気になったからといきなり分厚い資料を渡されても困りますよね?

なるほど、確かにそうですね……。

記事作成で大事なのはずばり「わかりやすさ」です。理解力というものは人によって様々。それこそわかる人にはわからない人の事がわからないと言われるように、自分が理解できるから他の人が理解できるとはならないのです。だからこそわかりやすく、流し読みしても大まかな内容が理解できるような記事が好ましいです。

そのためにはまず、情報は必要最低限のものから、文章量や見出しによって肉付けしていくという形で内容を決めていくと良いでしょう。

初心者でも経験者の視点で書く事


わかりやすく書くことを心がけた後は、「経験者の視点で書く」ことを意識してください。

経験者、ですか?

はい、例えば歌やダンスの記事を書くとしましょう。「だと思います」「と言われています」という書き方よりも、経験者として断言しながら書かれた文章の方が価値が高く思われますよね。

あー……そうですね、自信のない感じだと信憑性に欠けますもんね。

そうです。情報に信憑性をもたせるためには、しっかりと断言することが大切です。

なるほど、経験者の目線で書くことが第2のコツなんですね。

断言することが第2のコツです。いかに読者が「役に立った」と思ったかですね。出典元がしっかりした、正しい情報を発信するに越したことはありませんが、キーワードによっては情報量が少なく、調べても中々確信が持てる情報が出てこない場合もあるでしょう。

しかし、そんな時でもできるだけ「だと思います」「と言われています」といった言い方は避けましょう。しっかりと「です」「ます」と断言することで、読者は不安を持たずに満足できるのです。ただし、嘘を書くのはいけません。

コツを踏まえた一例


重要な2つのコツを解説したところで、おさらいをしていきましょう。

はい、1つ目のコツは「わかりやすく書く」ということでしたね。

はい、難しい感じはひらがなに。複雑な言い回しは避けて、簡単な言い回しと固くなりすぎない文体でまとめましょう。

そして内容も詰め込みすぎないように、ですね。2つめは経験者の視点で書く。

信憑性のないふわっとした記事なんて参考になりません。例え自信がなくても、自分がしっかりと調べた情報なら、他車目線ではなくしっかりと断言しましょう。ではこれらを踏まえて軽く一例を。

よろしくお願いします。

まず、キーワードを設定します。例えば、「紅茶 淹れ方」で記事を作るとします。このキーワードで出てきた共起語を、見出しや本文中に混ぜましょう。

内容を簡潔にするという第一のコツとも関連しますが、キーワードは「紅茶」と「淹れ方」なので、必要な情報は紅茶の淹れ方。それに肉付けする形で紅茶の種類と、種類ごとの淹れ方。そして紅茶を淹れる際にしてはいけないこと、これらの情報だけに絞りましょう。

そして文章を「経験者の視点」で書くために、「紅茶を淹れる際は、カップを予め温めておくことで美味しくなると言われています」と濁すのではなく、「紅茶を淹れる際は、カップを予め温めておくことで美味しくなります」と断言する形で書いていきます。

まとめ

初心者の方のための記事作成のコツを紹介しました。コツを覚えたからと言ってすぐに評価される記事を書けるとは限りません。しかし、コツを覚えた上で練習を重ね、記事を書き続けることでいずれはライターとして評価されるようになるでしょう。記事作成センターでは、上述の「コツ」をマニュアルに盛り込んで、何重のチェックで審査を経たうえで納品しています。一度ご検討ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

 

関連記事

バイトに最適な記事作成のお仕事を始める前に知っておくべきこと

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

在宅ワークをお探しの方へ!記事作成のやり方を解説

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

英語で記事作成を行うには?英語記事に関するまとめ

記事の作成はライターに任せよう。外注のススメ