告知をするならFacebook!Facebookページで記事作成

告知記事を作っても、記事を人に見てもらったかどうか確認することはできません。Facebookページを利用すれば、ファンに告知を見てもらいやすくなり、その友人へも情報が渡るので、幅広い層に情報の拡散ができます。

こんな人に読んでほしい

たくさんの人に情報を見てもらいたい方

Facebookページの作り方が分からない方


告知記事を沢山の人に見てもらう方法は何か、知っていますか?

ホームページやチラシなどの広告でしょうか?

それもありますが、最近ではSNSを活用した方法も増えていますね。とくに、Facebookでの告知は効果的です。

どうしてFacebookでの告知が効果的なんでしょうか?SNSは他にもありますよね?

はい。SNSはFacebook以外にもあります。ですがFacebookで告知をすると、他の投稿に流されていくことがないので、告知情報を長く提示しておけるんです。

なるほど、投稿が流れていけばせっかくの告知も意味がなくなってしまうから、Facebookでの告知には効果があるんですね。

告知の記事を作るときはFacebookページで


Facebookには、個人ページとFacebookページがあります。告知をFacebookに載せるなら、Facebookページを活用しましょう。

個人ページとFacebookページは何が違うんですか?

個人ページは、友達申請をして友達になった人のページに書き込みができるのが特徴ですね。Facebookページでは、この友達部分がファンという扱いになります。Facebookページは広告を打つことができ、ホームページの代わりとして情報を発信していけます。

Facebookをホームページ代わりにできるんですね!それなら、ファンの人たちに告知を見てもらうことができますね。

Facebookページでの告知方法の特徴はそれだけではありません。Facebookページは、Facebookにログインしていない人でも閲覧が可能になっているんです。

じゃあ、Facebookしていない人にも告知を見てもらうことができるんですね。

Facebookページでは、企業の名前で登録ができるので、企業からのお知らせや、イベントなどの紗新情報をファンに伝えることができます。Facebookにログインしていない方にも告知は見てもらえるので、より多くの人に情報を発信していけます。

Facebookページを使う前に、まずはアカウントの作成を


Facebookページは、個人用アカウントを取得してからでないとできないので、Facebookページで告知をしたい時には、個人用アカウントを作るようにしましょう。

複数の個人用アカウントを作って、Facebookページを作成するのはできないんですか?

個人用アカウントを複数作ることは、Facebookの利用規約に違反します。複数作ってしまったときは、アカウントを削除されることもあるので、規約は守るようにしてください。

そうなんですね。でも、Facebookページを作ったら、自分の情報が反映されて、告知に関係ない情報が載ってしまいませんか?

その心配はありません。facebokページは個人情報を表示しないので、自分のアカウントで安心して告知の作成が可能になっています。

安心して告知ができる方法としても、Facebookページは便利なんですね。

会社や団体、ブランドなどの企業名でページ作成ができるfacebokページは、ファンに知らせたい情報を発信していけます。メンバーの追加も可能なfacebokページは、複数人でfacebokページを管理することもできます。

ファンが信頼できる情報を載せることができる


告知は、他人から紹介されたものよりも、知人から紹介されたもののほうが信頼ができますよね。Facebookページはファンが信頼できる情報を提示しやすいんです。

どうして信頼できる情報を提示しやすいんでしょう?

Facebookページでの告知情報は、企業が一方的に伝えるのではなく、シェアやコメントの機能で人から人へ渡っていきます。友人から企業の情報が伝えられてくるので、信頼されやすいんです。

たしかに、知人や友人からの情報なら安心できますね。ですが、広告の記事作成をするSNSを始めると、費用がかかったりしませんか?

その心配もありません。Facebookページはどの企業でも無料で持てるようになっています。設定費用やデザイン制作費用などはかかりますが、Facebookページは比較的安価に告知ページを開設できます。

Facebookページは無料で持てるんですね。安価で記事を作れるなら、企業側にも得が多いですね。

Facebookページは安価に開設でき、開設まで時間もかかりません。Facebookページはファンになるまでの壁も低いので、ファンの方も安心して、信頼できる情報を受け取れます。

まとめ

SNSで告知をしようとしても、新しい投稿を次々に発信していけば、告知が流れていってしまいます。Facebookページは告知情報を滞留させておけます。Facebookページは、Facebookにログインしていない人にも情報を見てもらえます。ファンの方からの意見も多く集まるので、企業がマーケティングの活動に利用するにもぴったりです。

記事作成センターでは、媒体を問わず記事作成代行を請け負っています。FacebookなどのSNSなどの更新も、ぜひご依頼ください。

関連記事

記事作成ができるWordPressとは?初心者向けの使い方解説

記事作成の仕事は難しい?依頼・受注について解説

質の良い記事は正しいマニュアルから!記事作成マニュアルについて

副業に最適!?在宅ワークと言えば記事作成

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

SEOとは何か?基本から記事作成を知ろう!