完成度の高い記事を作ってもらうには?記事作成の依頼について

記事作成依頼したけど、あまり質の良い記事ではなかった。あるいは記事作成依頼が断られる。そんな時にどうすればいいのか、質の良い記事はどうやって書いてもらうのかを解説します。

こんな人に読んでほしい

できるだけ記事を安く買いたい人

より完成度の高い記事が欲しい人


昔から記事(文章)というものは情報を発信したり、商品を広告したりと日常に深く根付いています。

現代においては紙媒体よりもネットで情報を集めることが多くなりましたね。

そんなわけでネット上で活動しようとすると、それに伴って紹介・広告・情報まとめといったものが必要になります。

例えば商品の広告とか、他にも駐車場を取り扱ったサイトやサービスなら、その駐車場の解説なども立派な記事ですよね。

はい、ちょっとした説明程度なら自分で書けばいいのですが、1000文字、10000文字とある場合なんかは、ライターに任せてしまった方が効率的です。

ただの説明、ただの紹介記事と侮るべからず、ですね。

外注の問題


依頼について説明する前に、外注の際のメリット・デメリットについて解説しましょう。

メリットとデメリットを把握するのは大切ですからね。

まずメリット、これは「不得手な部分に力を入れなくてもいい」ということ。

副業ライターや作家さんでもない限り、文章を作ることには慣れていないですからね。

デメリットは、ライターによって出来上がった記事の質が左右されやすいということ。

工業製品なら余程のミスでもない限りは同じものが納品されますが、人の手で作られているものはどう頑張っても違いというものがでていきますからね。

記事を外注する際に何よりも頭に入れておかなければいけないのは、執筆者の実力や価格によっても記事の出来は異なることでしょう。記事作成においても価格の相場というものはありますが、実際の料金はクライアント側が決めることもできます。その場合は、それこそ相手が了承するのであれば10記事で500円だとか、1文字0.1円といった超低額で依頼すること自体は可能です。

しかし、安くしようとすればするほど商品である記事の出来栄えが悪くなるというのは、避け得ない事態です。かといって相場の倍額を支払ったら良くなるのか?というわけもありません。

あくまでどの程度の質になるかはライター次第です。一流と言われるライターでも、苦手分野の記事だと微妙な記事になったりしますし、低年齢層や若年層向けの記事を得意とする方が、高年齢層の記事も得意だとは限りません。そのあたりも理解した上で、どういった内容かきちんと伝えておきましょう。

外注は代行会社かフリーライター


次に実際に依頼する時のお話ですが、誰に依頼しますか?

誰にって、ライターさんでは?

記事作成を外注する際には2通りあり、1つは代行業者や代行会社に依頼する。もう1つはフリーのライターへ依頼するというものです。

どんな違いがあるんですか?

主に信頼性と、依頼できる仕事量ですね。後は価格も異なりますね。

なるほど、結構な違いがありそうですね。

基本的に代行業者は複数のライターを雇っているので、数十から数百単位の記事の依頼が可能。またこれも業者によりますが、初回限定で半額だったり、依頼量によって割引されたりといったサービスがあったりします。対してフリーライターの場合は、依頼できる量に限りがあるものの、そのライターの実力が比較的わかりやすく、誰が書いているかを把握しやすいというメリットがあります。

どちらにもメリット・デメリットがあるので、依頼する内容によって判断すると良いでしょう。

適切な料金の決め方


ここまで料金について何度か触れました。

出来上がる記事の質に関わるんですよね?

中には安くてもしっかりと仕上げる人もいるかもしれませんが、安くても仕事を受けるのは駆け出しのライターくらいなものです。

まぁ、出来る限り良い案件で仕事がしたいというのが大半の意見でしょうしね。

ライターの腕はもちろん大切ですが、ライターのやる気を煽るために料金はしっかりと決めることも大切です。

お金は大切です、経営にも生活にも。

フリーライターはもちろん、代行業者が依頼を受けたとしても雇ったばかりのバイトに書かせたり、優先度が後になっていたりと料金を低くする上で完成する記事に良いことなんて全くないと考えていいでしょう。最低限相場に沿った料金設定、安くしたい方はそこから割引サービスなどを利用するといいでしょう。

相場に関してご説明しますが、基本的に相場は1文字1円です。アフィリエイトブログ運営者の方であれば、自分が「これくらいもらえるかな」というのが大体の相場と考えても良いでしょう。ただ、例えば3000文字の記事を依頼して、4000文字を書いて完成させた場合は4000円を支払わないといけないのか?というと、そうでもなかったりします。

そういった場合は「記事そのものを3000円とする」ことで、例え4000文字、5000文字書こうとも、記事そのものが3000円なので、想定していた料金を超えるということはありません。

まとめ

以上、記事作成依頼について解説しました。依頼する上で知っておくべき事は、「依頼方法は代行業者に依頼する・ライターに直接依頼するの2通り」「相場は1文字1円。安く済ませたい場合は割引サービスを利用する」「無理に安くしようとすると記事の質が下がる恐れがある」という3つのポイントです。それさえ知っておけば、滞りなく記事作成依頼を行うことができるでしょう。ライターに直接依頼すると費用を抑えられますが、納期を破りがちですし、なにより進捗管理に時間とコストがかかります。諸々を一緒に依頼したのなら、記事作成センターにご依頼ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

関連記事

自動で数万円?記事作成に使える秘密のソフトとは

記事作成の代行先を選ぶ前に!ハズレを引かないための知識とは?

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?

記事作成代行を依頼する時に単価で選んではいけない理由

無料ツールは役立たない?記事作成を効率化させるための便利ツール