将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

科学技術の進歩とともに、各分野で実用化されている人工知能、「AI」の技術は、人の働く場所を奪っていると言われています。そしてその魔の手は記事作成、ライティングという職種にも迫っていると言われています。果たしてそれは真実なのでしょうか。

こんな人に読んでほしい

人工知能、AIに興味がある方

将来が不安なライターの方


技術の進化は日進月歩。一昔前までは夢物語だったことが、現代では目の前にあるというのも珍しくはありません。

それこそ3Dプリンター技術の進歩や建築機械によって、100年かかるといわれていた建物が20年そこらで完成する。と言われるようになるくらいですからね。]

機械は人のために働く道具ですが、今では機械が人の働き場所を奪っています。

経営者からすると初期購入費用、整備費用、交換・廃棄費用と人件費・人間関係の方が面倒ですよね。

人の手でしかできない仕事は安泰と言われ、事実ライティングや記者の仕事も安泰と言われていましたが、AIの発達により危うくなりました。

将来、ライターという仕事はなくなってしまうのでしょうか?

進化を続けるAI


機械と共に進化を続けるプログラム。プログラムの頂点の1つがAI技術です。SF作品では自我を獲得したAIが暴走したりしますが、現在開発されているAIも限定的ながら人と同じような作業が可能になっています。

その内AIと人の違いが肉体の有無だけになりそうですね。

囲碁や将棋でプロ相手に連勝したり、一部分野ではその道のプロよりも優れています。

ライティングという分野はどうでしょう?

自動で文章を作成するソフトなどは昔から存在しますが、そのほとんどは人の手で作った記事には勝てないとされています。

おお、それなら大丈夫なんでしょうか?

人が感動する文章や物語は人の心が作り出すものです。いずれは心理学を元に、人を感動させることができる物語を作ることができるAIが誕生するという可能性はあるかもしれませんが、少なくとも今現在においてはそれらは人間の特許です。

ライティングにおいても、人を惹き付ける記事を書くことができるのは人だけ、AIに任せた記事はやはりどことなく淡々とした印象を抱くものとなります。遊びがない、無駄がないというのは素晴らしいものかもしれませんが、人の興味を惹くためにはその遊びやちょっとした無駄が必要なのです。

しかし、その無駄が不要なジャンルに限ってはAIに仕事が取られてしまうかもしれません

感情的なジャンルの文章作成ができる?


芸能・スポーツなどのニュース系記事は、既にAIの方が人よりも上回っているとされています。

ニュース系は淡々と情報を伝える書き方になるので、誰が書いても同じような内容になりますからね。

ユーモアを交えた記事や恋愛などを取り扱う記事は人だけにしか書けない……というわけでもなくなるかもしれません。

というと?

前述の通り、今はまだ人にしか書けないジャンルというものは存在します。しかし、AIが人の感情や心を理解できるようになると言われているのです。

それは、ライティング業界においてかなり不穏な噂では……?

専門的な話になりますが、プログラムの世界においてAIが人間のような文章を考えることができるというのは不可能ではないとされています。それは「特徴表現的学習」というものによるものです。

1つのルールの中で、新たな特徴を分類分けするというもので、恋愛ものだから恋愛の話だけしかしない、料理ものだから料理の話だけしかしないというような、融通の利かなさを解決することができるのです。

まだ日本語対応していないもののAI記事作成ソフトが存在している


このように、これまでSF作品でもAIやプログラムの弱点とされていた「融通の利かなさ」が解消されるかもしれないのです。

確かに、機械は融通がきかない、応用は人だけができる。というのが人と機械の違いでしたから、それが無くなると……。

はい、AIがユーモアを理解し、人を惹き付ける文章をかけるとなると、殆どのジャンルがAIに置き換えられるかもしれません。

新たな物語を創造する作家とは違い、ライティングは既にある情報を元に文章を作成するので、そうなってくるとライターには厳しいですね。

さらに、既にAIを使った記事作成ソフトが存在しています。

なんと、もう実用化されているのですか。

実は既に「Articoolo」というAIを使った記事作成ソフトが実用化されています。英語のソフトなので日本語には対応していません。しかし、人なら最低でも1時間程度必要な文を1~2分で出力することができ、更に内容も多少文法的な違和感があるかもしれませんが、少なくともこれまでの自動記事作成ソフトとは比べ物にならない用な完成度の記事に仕上がっています。日本語化も時間の問題でしょう。

まとめ

AIが本格的に実用化され始めた現在。もはや10年後には人間のライターがいなくなっているかもしれません。しかし、普及率や一部検索エンジンの処置に引っかかることもあるので、すぐに廃業に追い込まれることは無いでしょう。記事作成センターは、コピーチェックはもちろんSEO対策もしながら記事作成代行してくれます。ぜひ一度ご利用ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成で稼ぐためのライティング業向けサイトをご紹介

記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?

無料ツールは役立たない?記事作成を効率化させるための便利ツール

ニコニコ大百科で記事作成!ニコニコ大百科の基本知識を解説

げん玉クラウドで売れる記事の作成方法とは?例文を元に解説

記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ