自動で数万円?記事作成に使える秘密のソフトとは

記事作成を補助する便利なソフトは様々。辞書や校正ツール、キーワード検索など様々。その中でも自動作成ソフトは効果がある・無いとどちらの意見も存在します。はたして本当に効果があるのか、解説していきます。

こんな人に読んで欲しい

作業補助ソフト利用者

自動記事作成ソフトに興味がある人


記事作成には様々な役立つソフトが存在します。

辞書や校正ツール。キーワードでよく検索されている共起語を調べるものもありますね。

その中でも特殊なのが自動文書作成ソフトです。

自動で文を書いてくれるというのなら便利ですね。

便利のように思えますよね。しかしそう上手くはいきません。

む、それは何故でしょうか?

稼げる?稼げない?自動文書作成ソフト


自動文書作成ソフトで簡単に記事が量産できる。そんな事でお金が稼げてしまったら問題ですよね。

まぁ、そうですね。必死に働くのが馬鹿らしくなります。

そんなこともあってか、自動で作った記事に対してはGoogleエンジン側がスパムと判断して検索欄に表示しないという処置が施されるのです。

見られなければ利益を生むキッカケすら生じないのですから、検索欄に出てこないというのは致命的ですね。

はい、だからただ自動文書作成ソフトを使うだけではお金稼ぎなんて一切できません。

あれ、それじゃあ使いどころのないソフトなのでは……。

自動文章作成ソフトで作られた記事に対する検索エンジン側の処置は、正確には検索欄の上位に表示しないという処置なので、削除されているわけでも、見つけ出せないわけでもありません。しかし、読者がいないことには意味がありません

ではどのようにすればいいのか?それは簡単です。自動で作った文章だと判断されないようにすればいいのです。具体的にはソフトが完成した記事に手を加え、人が書いたように文章を書き直すことで、検索エンジン対策を施すことができます。

つまり、稼げないことはないけれど、手間が必要なので完全に自動で儲けることは出来ない。ということになりますね。

キーワードを元に文章が作られる


そもそも自動文章作成ソフトというのは昔から存在しています。

そうなんですか?

記事を自動で作って、それで稼ぐなんでアフィリエイターにとっては夢のような話ですから、実現しようとする人も出てきます。

でもそう上手くは行かないと。

えぇ、自動文章作成ソフトと検索エンジン側のいたちごっこで、新しい仕組みのソフトができる度に対策されてしまうので、例え放置で稼げるソフトが完成しても、わりとすぐに稼げなくなってしまうのです。

実際に自動文章作成ソフトの仕組みってどのようなものがあるのでしょうか?

自動文章作成ソフトと一口に言っても、出来上がる記事と記事の作り方は様々。昔流通していた自動文章作成ソフトは「商品広告をそのままコピーして記事にする」「複数の広告サイトから文文章をつなげて記事する」といったソフトです。前者はまず稼げず、手を加える必要があるので、実質自分で書いているのと大差無いということ。

後者は現在では対処されてしまっていますが、昔はそこそこ機能していました。しかし、複数の広告サイトから文章をつなげるという部分で、なんとなく引っかかったかも知れませんが、文章が支離滅裂となって何がなんだかわからなくなるというのが問題でした。

現在でも使われているのは、文章をパーツとして記憶して、それを組み合わせることで何億通りの文章を作り上げるというソフトです。しかしこれも前述の通り既に対策されています

お金をかけていたちごっこするより、無料な抜け道「SNS」


このように、対策されると新しいソフトを開発するといういたちごっこを繰り広げていますが、ソフトの一部は有料だったりもします。

元がとれるほど稼げれば問題ありませんが、毎度毎度買い換えるのもちょっと非効率的ですね。

そこで逆転の発想です。検索エンジンに勝ち目がないのなら、別の場所で稼げば良いのです。

別の場所?

そうです、自動文章作成ソフトで稼ぐためにSNSを活用する、それが現在での自動文章作成ソフトの使い方です。

SNSですか?

自動文章作成ソフトで稼ぐ抜け道、それがSNSです。今まで調べごとというのは検索エンジンを活用し、キーワードを検索することで行われていました。記事作成で稼ぐ仕組みもそのキーワード検索を活用しています。しかし、ツイッターやフェイスブックが一般的となった現在では、SNSで発信される情報を調べる人も増えています

そこで、SNSを使い、集客することで検索エンジン側に対策された状態でも利益を出すことができるのです。しかし、検索エンジン側を欺くことが出来ているわけではないので、結局は自分で記事を書いたほうが客を集めやすいというのは変わりません

まとめ

楽をしたいと思うのはおかしくありません。しかし、決して苦労せずに楽ができるわけではありません。そしてGoogleやYahooといった検索エンジンは、そういった楽をして稼ぎたいという目的の営為は絶対に認めてくれないのです。必至に裏をかいて楽をしようと苦労するような本末転倒な努力をするよりも、ちゃんと自分の手で記事を書き、それこそ記事作成センターといった代行業者に記事作成依頼するなりして、確実に効果のある方法を選ぶほうが稼げたりもしますよ。

中には自動文章作成ソフトを使って数十万、数百万稼いだという方もいますが、これまでがそうであったように対策されてしまうことが目に見えています。安定して稼ぐには何が良いのか、しっかり判断できるよう、甘い言葉に惑わされないようにしましょう。記事作成センターでは、内製ライターが厳密なコピーチェックのもと執筆にとりかかっています。一度ご利用をご検討ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成ができるWordPressとは?初心者向けの使い方解説

記事作成で稼ぐには?モッピーで一攫千金する方法

アフィブログを発展させるにはバイトを雇い記事作成を依頼しよう

初心者のための記事作成のコツ!知ることで売れる記事が書ける?

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ