英語で記事作成を行うには?英語記事に関するまとめ

インターネットには膨大な数のサイトが存在します。日本語で書かれている記事も数多く存在します。しかし、世界で一番使われている言語は英語です。当然、ネット上でも英語で書かれている記事が多いわけで。世界に情報を発信するには英語が必要不可欠です。

こんな人に読んでほしい

英語記事の翻訳がしたい方

海外向け記事を書きたい方


単純な人口比で使用されている言語を見てみると、基本的に人口が多い国の言語が上位になります。

まぁ、当然ですよね。

でも母国語人口が多ければ、それが最も世界共通語に近いのか?というと違いますよね。

日本も人口一億人以上ですけど、世界で使われているかと言えば微妙ですね。単語としてならSUSHIやNINJYAやSAMURAIなど世界中に広まっていますけど。

そんな複雑な言語の中で最も共通語に近い言語が英語です。

日本人の英語力は低いと言いますが、基本的に英語ができるなら最低限の意思疎通は可能ですよね。

英語記事を翻訳する場合


義務教育でも習いますが、日本人の英語力には大きな偏りがあります。

出来ない人はびっくりするぐらい出来ませんよね。

これにはいくつか理由があり、まず1つが日本語があるということ。基本的に母国語がある国は他の国の言語が主流になることはあまりありませんが、過去に植民地だった国を中心に、二ヶ国語を使う国も珍しくはありません。日本の場合、様々な国の言葉を取り込めてしまうので、余計に英語を使う必要がなくなってしまうのです。

もはや英単語のいくつかは自然と日本語の文章に用いられていますよね。

他にも英語の発音が苦手といった理由もありますが、そういった理由で日本人は英語があまり得意ではないのです。

できる人も居ますが、日本人は英語の発音が下手だと言われたりもしていますね。

英語ができない人にとって、記事の和訳はとても助かるものです。英語ができる人、あるいは読めるように努力した人は「読めるようになればいい」と感じる方もいるでしょう。

しかし、成人してから歳をとると頭が固くなってしまい、新しい言語を覚えるのは難しくなります。そこで、英語の記事を和訳する際の注意点を解説します。

まず、機械翻訳はNGです。文法が似通った言語や、全く同じ意味の単語が同数存在するような言語なら、機械翻訳でも高い精度で翻訳してくれるでしょうが、英語と日本語はそもそもの文法が異なります。さらに相当数の意訳やスラング、造語なんかも合わさると意味不明な文章が完成します。

翻訳ソフトや辞書はあくまでわからない単語を調べるだけに留めましょう。基本的に最低限文法やスラング、意訳ができる方のみ手を出した方が良いでしょう。

英語記事依頼の場合


次に依頼者側の解説です。

依頼者側というと、英語の記事を作ってくださいと依頼する。という事ですか?

はい、企業としては海外向けに展開したいということもあるでしょう。

国内外問わず展開するためには知ってもらわないといけないですからね。

しかし通常の記事作成とは勝手が異なるので、条件なども変える必要があるのです。

なるほど。

英語の記事の依頼方法にはいくつか種類があります。

まず1つは英訳記事作成。予め用意している自社宣伝記事なんかをそのまま英語に翻訳し、記事として完成させてもらうというもの。こちらは事前に元になる記事が必要になりますが、初心者の方でも任せることが出来ます

続いて事前に用意せず、内容だけを伝えて英訳してもらうというもの。こちらは英語で文章を書ける人でなければ難しいでしょう。ただし、ニュース記事のような淡々とした文章であれば凝った記事を書く必要は無いので、内容次第ではライター初心者の方でも行えます

そして最後はキーワード指定のみで記事作成依頼する方法。これは完全に経験者や英語が得意な方でもない限りは難しいでしょう。依頼する際は上記の中から指定するようにして、経験者募集であればそう記載するなどして依頼するようにしましょう。

英語記事の書き方


ではライター視点に話を戻しましょう。

次はどういった解説なんでしょうか。

記事の書き方です。英語の記事を書く際のコツや注意点を解説します。

普通に記事を書くのと比べるとどんな違いがあるんでしょうか。

まず、文化や流行の違い、感性の違いが大きな相違ですね。

確かに、国によって人というのは大きく異なりますね。

日本の民族性は異質です。特にその仕事に対する姿勢は病的とも言われています。住む国、地域によって人の大まかな民族性というのは異なります

英語の記事を書く場合、読者層は主には英語圏の方になります。英語記事作成のコツは、そういった英語圏の方が好む、あるいは読みやすい書き方ができるかどうかです。

後は従来の記事と同じように、内容を簡潔に、記事に関係のない事はあまり書かない、書くとしても冗長にならないようにというのを心がけましょう。

まとめ

英語記事についてまとめました。他の言語でも言えることなのですが、全部の文字や言葉に対応したその国の言葉があるとは限りません。それこそ前述の通り国の文化はその国の言葉でしか表現できません。同じ語感や読み方で出来ている洒落なんかも、翻訳する時の強敵です。そういった他の言語には無い言葉や洒落を訳すときは、注釈をいれるか意訳する、洒落なら似たようなその国の洒落に置き換えるといった工夫で対応するとよいでしょう。記事作成センターでは全ジャンルの記事作成を受け付けています。英語記事のライティングマニュアルに悩んでいるクライアントの方にもおすすめな「ライテイングマニュアル作成」も受け付けていますので、是非一度利用してみてください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

自動で数万円?記事作成に使える秘密のソフトとは

本当に稼げるの?記事作成は副業として最適なのか

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?

記事作成の求人をかける上で知っておきたい3つの秘密

記事作成を依頼するときの単価感や相場の考え方