記事の作成はライターに任せよう。外注のススメ

物事は適材適所。出来ないことをしようとするよりも、得意な人にまかせてしまう方が何倍も効率的です。宣伝広告や情報をまとめた記事作成は、それを仕事にしているライターの方に任せましょう。今回は記事作成の外注について解説します。

こんな人に読んでほしい

記事作成依頼しようと考えているクライアント

外注の際の相場を知りたいライター


文字を書くのが得意、文章を考えるのが得意。そういった人がなる職業、それがライターです。

記事作成で食べていける一流のライターさんもいれば、副業でお小遣い稼ぎ程度に働くライターさんもいますね。

そしてそのライターへ仕事を依頼するクライアントは、特定の企業であったりアフィリエイトで稼ぐ同業者であることもあります。

アフィリエイトでより稼ごうと思うと、ライターを増やすしかありませんからね。

今回はそんなクライアントの方のために、外注について解説していきます。

よろしくお願いします。

ライターへ外注依頼をするには


まず最初に、外注ってそもそもどうすればいいのか?という所からお話しましょう。

ライターの人へ仕事をお願いするんですよね。

メジャーなのは2つの方法です。

というと?

1つは代行業者、あるいは外注依頼を受け付けているライターへメールなり電話するなりして直接依頼する。もう1つは専用のサイトに依頼を貼り付けて募集するという方法です。

能動的か受動的か、という感じですね。

まず前者。こちらはクライアント側から代行業者やライターに連絡を入れて、依頼をするという能動的な依頼方法です。メリットは自分の意思で依頼先を選べるということや、急いでいる時に向いているといったもの。

デメリットは、仕様はともかく納品方法や入金などは代行業者側が決めたものに従わないといけない上、代行業者側の状況によっては依頼を断られることもあるということ。後者は、記事作成依頼を張り出すことができるサービスを利用することで、この仕事をやりたい人を募集するという受動的な依頼方法です。

こちらのメリットは、クライアント側が定めた方法や条件でやりとりができるという点です。デメリットは、ライターの質がバラバラであるということ、依頼を受ける人が見つかるまで時間がかかるかもしれないということです。

外注する際の相場


依頼する際に気になるのはお値段ですよね。

利益になりうるかどうか、費用対効果は気になります。

基本的に記事の金額の決め方は2つ、記事そのものの価格と、文字数で価格を決定するというもの。

文字数で、ということは1000文字なら1000円、という感じですか。

場合によってはそこに消費税を加えたりもしますね。

なら書けば書くほどお金がかかるようになるのでは?

必ずしも1文字1円というわけではなく、0.5円だったりと、内容によって異なります。相場としては1文字1円で考えて良いでしょう。ただ、言ってしまえば値段はクライアント側の好きなように設定できます。

それこそ100文字1円でも、10記事で100円でも設定できてしまいます。しかし、安く買い叩こうとするとそんな安値で仕事を受ける人なんてまずいませんし、安ければその分手を抜かれたり、あまり上手くないライターがあてがわれてしまうかもしれません最低限相場に沿った値段設定で依頼するようにしましょう

アフィリエイトブログ運営者の場合


クライアントとして同業者が記事作成依頼をすることはおかしくはありません。

アフィリエイトブログとかですね。

はい、一人では限界を感じて記事作成依頼する。しかしこれにも注意が必要です。

まず第一に、他のライターが自分と同じ腕では無いですもんね。

そう、依頼した記事を確認し、出来が悪ければ校正したりする必要があります。代行業者の場合ならコピーチェックも済ませていることがありますが、フリーライターの場合は自分がコピーチェックしなければなりません。

手間が増えてしまうんですね

アフィリエイトブログ運営者の方は、それだけで暮らしていけるだけの稼ぎを求めようとすると、どうしても記事の数を増やすしかありません。自記事作成ソフトも、使い方次第である程度儲けを出すことはできますが、人が作った記事に勝るものはありません。となると、外部ライターへ依頼する必要が出てきますが、すると今度は記事の管理といった手間が増えてしまいます

場合によっては納品した記事のコピーチェック、問題があったときは対処しなければいけませんし、人間関係によるいざこざが発生することもあります。そういった事を踏まえて、依頼するかどうかを慎重に判断すると良いでしょう。

同じライターとして、どの程度の額が相場であるかというのも想像しやすいので、価格設定に関しては楽という、ちょっとしたポイントもあったりしますよ。

まとめ

以上、記事を外注する際に知っておくべきことを解説しました。何よりも記事を商品として扱うのですから、相応の知識は必要です。ブログ運営者は勿論、記事作成をしたことが無いというクライアントの方も、しっかりと記事作成のコツを把握しておくことで、完成した記事の良し悪しや、依頼したライターの腕が理解できるようになります。

心配だったり不安がある方は、記事作成センターに依頼してみるのはどうでしょうか?記事作成をする上でかかる納品管理のコストなどを削減できますよ。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

関連記事

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

本当に稼げるの?記事作成は副業として最適なのか

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

自動で数万円?記事作成に使える秘密のソフトとは

クラウドソーシングで稼ぐには?記事作成のコツ

質の良い記事は正しいマニュアルから!記事作成マニュアルについて