記事作成ができるwordpressとは?初心者向けの使い方解説

記事作成ソフトやサイトは複数存在します。その中の1つwordpressは、かなり本格的な記事作成を行える事で人気を集めています。今回はwordpressでの記事作成方法を始めとした使い方を解説します。

こんな人に読んでほしい

wordpressの使い方を知りたい人

普段は別の記事作成ソフト・サイトを使用している人


記事作成をしてお金を稼ぐ、副業やお小遣い稼ぎとして人気の手段の1つです。

何よりもお家でパソコンやスマートフォンがあればできるというのが魅力ですね。

人気で記事作成も需要があるからこそ、記事作成に関連したソフトやサイトも多数存在します。

最近ではAI搭載の記事作成ソフトなんかも出回っていますね。

今回は記事作成ソフトの1つ、wordpressについて解説します。

よろしくお願いします。

初心者でも使える記事作成ソフト「wordpress」とは?


まずはwordpressとは何か、というところから解説します。

よろしくお願いします。

wordpressはオープンソースのブログソフトウェアです。記事作成から投稿までをまとめた1つのソフトですね。

ブログを作るためのソフト、ということですか?

いえ、ブログ以外にもオンラインストアや企業サイトといったものも作ることができるので、その用途は記事作成だけに及びません。

多目的に使えるソフトなんですね。

wordpressで検索すると公式サイトでダウンロードができます。機能を増やすためには料金を支払う必要がありますが、本格的に運用するためには月額2,980円のビジネスプランをおすすめします。wordpressは自分専用のサイトを作ることができるソフトで、ようは自分で記事作成サイトを立ち上げるということです。

そしてそこで記事を作成、投稿することで、収益化を目指します。なお、この際に「広告記事を書いて公開」という方法で収益を得るのか、「依頼を受けて記事を書き、納品」という方法で収益を得るのかを決めましょう。前者の場合はいわゆるアフィリエイトブログ的な運営で、後者の場合投稿するのはサンプル記事や商品見本のような記事になります。

記事作成のための編集方法、見出しの付け方


wordpressの説明も終えたところで記事作成の方法について解説しましょう。

よろしくお願いします。

まずは登録とインストールを終えましょう。そしたら自分で作ったサイトにアクセスし、ログインしましょう。そして次に、ログイン後に表示される管理画面から「投稿」を選びましょう。

「投稿一覧・新規作成・カテゴリー・タグ」と並んでいますね。

そこから新規作成を選ぶことで記事作成を行うことができます。

わかりました。

新規作成を選ぶと記事作成画面が開きます。画面にはタイトル・本文・公開・カテゴリーという風に別れています。タイトル・本文はそのまま文字通り、公開は記事を公開したり、保存・プレビューしたりする部分です。カテゴリーは、記事のカテゴリーを選ぶ部分です。そして、本文を入力する欄の上には文字フォントや段落といった、wordソフトにもある機能覧があります。

そこにある「メディアの追加」では画像などを挿入できます。サイズや名前をつけたりすることも可能です。本文と画像を入れてカテゴリ設定も完了したら、あとは公開部分から記事を公開するを選ぶだけで投稿完了です。しっかりと公開前にはプレビューで確認を怠らないようにしましょう

投稿後の編集とメリット・デメリット


記事は投稿したらそれきり、というわけにもいきません。

後から確認したら誤字が!なんていうことも、わりとよくありますからね。

また、完成して公開した記事は商品なのですから、手を加えられるのであれば手を加えるべきです。

未完成で売り出すのは駄目ですけど、完成品を改善するのはまた違いますからね。

はい、編集の仕方を覚えておくのも大切ですよ。

ではお願いします。

wordpressで投稿済の記事を編集するには、投稿一覧を開いてください。すると投稿済の記事が一覧で表示されます。その中で編集したい記事を選択しましょう。すると「編集」という文字が表示されるので、それを選びましょう。

選ぶと新規作成画面と同じ画面になるので、タイトルや本文を追記修正しましょう。あとはプレビューで確認して、公開欄にある「更新」を選ぶことで編集は完了です。また、この編集以外にも「クイック編集」というものがあり、こちらではタイトルなどの一部分しか編集できないものの、すぐに反映させることができるので、ちょっと手直ししたい場合にはクイック編集を活用すると良いでしょう

wordpressのメリットデメリットにも触れていきましょう。メリットは完全に自分だけのサイトを持つことができるということ。ビジネスプランであればかなり多機能なので、規模を大きくして本格的に記事作成で稼ぐことも可能です。そしてデメリットですが、これは何と言ってもお金がかかるということ。最低でも約500円が毎月必要ですし、ビジネスプランでは毎月約3000円となります。これを必要経費と割り切れるかどうかで、メリットが勝るかデメリットが勝るか分かれるでしょう。

まとめ

以上がwordpressの使い方でした。今回は記事作成の方法のみを取り扱いましたが、前述の通りwordpressはサイトを作るソフトです。記事作成以外にもできることがありますので、そちらも気になったら調べてみると良いでしょう。サイトの規模が拡大していくにつれて運営に手一杯になるでしょう、そういった時はいっそ記事作成をこの記事作成センターに依頼してしまうのも1つの手ですよ。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

seoとは何か?基本から記事作成を知ろう!

在宅バイトで稼ごう!記事作成依頼について

げん玉クラウドで売れる記事の作成方法とは?例文を元に解説

記事作成の仕事は難しい?依頼・受注について解説

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG