記事作成で稼ぐためのライティング業向けサイトをご紹介

記事作成でお金を稼ぐには、その記事を商品として購入したり、あるいはその記事を読んでなんらかの収益を発生させる仕組みが必要です。そういった仕組みを採用し、ライターが記事を作成することでお金を稼ぐことができるサイトを紹介します。

こんな人に読んでほしい

ライターを目指している方

ポイントサイトの危険性が知りたい方


アフィリエイトブログなど、自分でサイトを立ち上げて記事作成を行います。

ブログというとFC2やアメーバとかでしょうか。

はい、基本的に商品バナーを貼り付けられるのであれば、どのようなブログもアフィリエイトブログになります。

そうなんですか?

ええ、しかしブログは運営・管理する手間が必要ですよね。

そうですね、評判を良くしようとするとコメントにも気を使わなくては行けませんし。

ライティングに集中したいのなら記事作成サイトを使おう


記事作成だけをしたいという方は、それだけでいいサイトを選ぶと良いでしょう。

例えばどのようなサイトがありますか?

代表的なのはポイントサイトでしょうか、直接現金がもらえるわけではないということと、お金をもらうまでにそこそこタイムラグがあるというデメリットがありますが。

なるほど、ポイントサイトですか。

どこでも、というわけではありませんが。記事作成でポイントを稼ぐことができるサイトは存在します。

そういったサービスのあるサイトを探さないといけないんですね。

基本的に記事作成ができるライターサイトには2つの種類があります。1つがブログ投稿型。これがアフィリエイトブログに代表される形式で、案件を選び自分のブログで記事を公開します。基本的に単価が高いものの、感想やレビューといった内容になるので、読者を惹き込む内容にしなければなりません

そしてもう一つがサイト投稿型、こちらはサイトに用意された案件を選び、完成した記事をサイトに納品する形で報酬を貰います。単価こそブログ投稿型に比べると単価は少ないものの、あちらは読者が商品を購入しない限り一切収入が無いのに対し、こちらは記事さえ書き上げれば収入が得られます

稼ぐにはブログ投稿型とサイト投稿型のどちらが良い?


ここで気になるのは、実際の所どちらが稼げるのか?ということでしょう。

そうですね、仕事において稼げるか稼げないかは最重要項目でしょう。

というわけで次は稼ぐ際の効率や最高額、相場などを解説しましょう。

よろしくお願いします。

あくまで最低限稼げる実力がある前提なので、その辺りはご注意を。

そうですね、ライターとして稼げなければ比較も意味を成しませんから。

ライター業で最も稼げるのはアフィリエイトサイト運営です。アフィリエイトサイトの収益は、読者がバナーを踏んで商品を購入したり、サービスに登録したりすることで発生します。その単価は案件によって大幅に上下します。

高いもので一件数千円、低いものなら一件数十円程度です。対してサイト投稿型は、記事さえ書き上げて納品すればお金がもらえる安定性こそありますが、どう頑張っても単価=文字数になってしまうので、仕事をしてもその分しか稼げないのです。対してアフィリエイトブログの場合、読者が商品を購入すればその分収入が増えていくので、1記事辺りの収益倍率は高くなります。

安定して稼げるようになると、アフィリエイトブログの方が儲かるというので間違いはありません。そこまで稼ぎを重視せず、しっかりと稼ぎたい方やお小遣い稼ぎ目的の方は、手間を考えてサイト投稿型を選んだ方が良いでしょう。

おすすめのポイントサイト


では最後におすすめのポイントサイトをご紹介しましょう。

記事作成ができるポイントサイトですね。

はい、ポイントサイトは怪しいという先入観をお持ちの方もいらっしゃいますが、実際悪徳サイトも存在します。

悪徳サイトだと儲けるどころか出費で赤字にしかなりませんね。

しかし記事作成が可能なサイトは基本的に評価が高かったりします。

というと、なぜでしょうか。

記事作成でポイントを稼げるサイトの評価が高いのは、ひとえに儲かる理屈がわかりやすいから信頼できるということです。記事作成はいわば造花作りの造花、封筒の糊貼りの封筒のようなもの。記事という商品を作成しているので、それを売っているという仕組みになります。おすすめのポイントサイトとなると、げん玉やモッピーなどでしょう。

案件数が多いのはモッピーで、報酬が良いのはげん玉となります。案件数的に報酬額上限はモッピーの方が良いものの、その分記事を書き上げる必要があるので、短時間である程度稼ぎたい方はげん玉が良いでしょう。またげん玉は株主にリクルート、サイバーエージェント、GMOといった面々が居るというのも信頼できるポイントでしょう。

これらは他にもポイントを稼ぐ事ができるので、記事作成をメインにしつつ、他の事も平行してより多くのポイントを稼ぐことができます。

まとめ

以上、記事作成サイトについて解説しました。shinobiライティングやランサーズといったサイトも存在します。これらは単価も案件数もポイントサイトに比べると多く、より稼げるのですが、その分1つの記事につき文字数が多かったり、内容が複雑だったりもするので、ライティングが初めてという方はまずポイントサイトの数百から数十文字程度の案件に挑戦してみるのが良いかもしれませんよ。それから次第にライターとして成長していけたのであれば、より稼げるクライアント側に回り、大量の記事作成依頼を発注することになるかもしれません。そういった時はこの記事作成センターの利用をおすすめします。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

アフィブログを発展させるにはバイトを雇い記事作成を依頼しよう

記事作成を依頼する際知っておくべきこと

記事作成依頼をする前に知っておくべき事!成功は知ることから

seoとは何か?基本から記事作成を知ろう!

質の良い記事は正しいマニュアルから!記事作成マニュアルについて

記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ