記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

記事作成のお仕事をしていると、収入は安定するけれど昇給やボーナスといったものがほとんど存在しないため、思ったより伸びない……と感じたことはありませんか?今回は記事作成で稼ぐ方法を解説します。

こんな人に読んでほしい

記事作成で食べていきたい方

記事作成で稼げる額が知りたい方


お仕事としてライティング業を選んだ方は、現在の収入に満足していますか?

んー、収入と仕事量が直結するのはわかりやすくていいんですけど……。

どうやら不満のある反応ですね。

はい、1記事終えて300円、2記事終えたら600円としっかり仕事量分の料金は稼げるのですが……。

逆に言ってしまえば仕事した分きっかりしかもらえないということですね。

はい。ボーナスとか手当などが発生しないので、大きく稼ぐということができない気がします。

在宅でも稼げる記事作成


実際に記事作成は在宅ワークとしては稼げる方だったりします。

そうなんですか?

はい、まずは単価ですね。記事作成の単価は依頼を募集しているサイトなどにもよりますが、基本的に相場1文字一円から0.1円なので、1000文字なら1000円から100円といったように、比較的単価が高いのです。

なるほど、でもあまり稼げている気がしません。

それは単価重視で苦手な仕事を選んでいるか、逆に仕事内容と単価が少ない仕事を選んでいたりするか、ですね。

仕事の選び方が悪い、ということでしょうか?

基本的には記事を完成させ、納品することで初めて収入が発生します。注意しておかなければいけないこととして、納品しても記事の質が悪かったりすると書き直しを要請されることもあるのです。

書き直しならまだ良く、仮に記事のコピーといった不正を行えば契約取り消しもありえます真面目にコツコツと頑張りましょう

実際のところ作業速度が収入に直結するので、難しい案件を時間をかけてこなすよりも、慣れた簡単な案件をたくさんこなす方が結果的に収入が良かったりもします。どちらが大変かは人によって異なりますが、慣れとコツによって記事作成の効率は良くなります

初心者でもできる稼ぎ方


まずは初心者でもできる稼ぎ方から。

よろしくお願いします。

初心者の内に問題となるのはやはり記事を完成させる速度ですね。

内容がまとまらなかったり、中途半端な文字数で後付しちゃったりしますよね。

初心者におすすめなのは文字数の少ない案件をこなすことです。

文字数が少ないと単価も低いのでは?

記事の規定文字数が少ないと単価も低くなりがちです。中には50文字で数円の記事もありますが、逆にそういった極端に規定分量の少ない記事は、完成するまでに要する時間は仕事の熟練度が上がっても大して変わりません

記事作成というのは、基本的には1記事の文字数が増えるとその分時間がかかるのです。それこそ2000文字の記事を5つと1記事10000文字程度の記事だと、前者の方が早く完成する傾向が強いです。これはなぜかというと、1記事分の文字数が増えると、同じキーワードで内容を掘り下げなければいけなくなります

内容が豊富なキーワードなら逆にやりやすいかもしれませんが、1万文字も書くのは難しい記事だったりすると、ずるずると作成時間が伸びてしまったりするということなのです。

バイトと在宅、どちらが良いかをよく考えよう。


記事作成のお仕事は何も家で自分が依頼を探してこなす、というだけではありません。

そうなんですか?

代行業者に所属しているのは大抵バイトのライターですから、まずはそちらに所属して経験を積むというのも悪くは無いでしょう。

バイトですか、でもバイトだと給料が少なくなってしまうのでは?

確かに収入は少なくなってしまうかもしれませんが、様々なメリットもあります。

というと?

バイトでライティング業を経験するメリットとして、まず1番大きいのが「環境」です。自分の家の方がリラックスできるという人が大半でしょうが、中には職場の方が「仕事をしている気分になれる」という理由で仕事が捗る方も居ます。

その他にも、パソコンやネット環境などの仕事に必要な最低限の道具も揃っているので、興味があるけどパソコンのスペックなどが不安という方でも、出費なしでライター業を経験することができます。また、基本的にアルバイトであっても研修から始まります。右も左も分からないという方にはバッチリでしょう。

給料に関しても、大体時給1000円前後なので、仮に週5回で1日7時間、一ヶ月20日で計算すると月収が14万円になります。流石に完全に一人で暮らそうとすると厳しいものがありますが、実家暮らしで社会に出始める頃にはおすすめです。

ちなみに代行業にもよりますが、業務委託契約というものを結ぶことができます。これはその代行業所属のライターとして仕事をこなすという契約で、バイトや社員との違いは、固定給制ではなく仕事量で給料が異なる変動制になること。また在宅しながら仕事をすることができます。

まとめ

以上、記事作成で稼ぐ方法についての解説でした。基本的に、いくら仕事をしてもボーナスが発生したりはしません。しかし、専属ライターとして契約を結んだりすることで、割高で報酬を貰ったり、ボーナスが貰えるようになったりとやりようはあります。また、ライターとしての腕に自信がある方は、アフィリエイトブログに挑戦すると良いでしょう。記事を完成させても記事そのもので収入は得られませんが、そこからアフィリエイトの成果報酬を発生させ、20万円から40万円を稼げたりもします。そしてライターから運営側に移る事で、外部ライターに依頼を発注して記事を大幅に増やすことで、更に稼げる可能性もあるのです。アフィリエイトブログ運営を始めた方は、是非記事作成センターのご利用を検討してみてください。納期遅れ無し、安価で大量の記事を安定した質で提供することができます。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG

記事作成で稼ぐためのライティング業向けサイトをご紹介

在宅ワークをお探しの方へ!記事作成のやり方を解説

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?