記事作成の仕事は難しい?依頼・受注について解説

皆さんはクラウドソーシングと聞いて何が思い浮かびますか?そもそも意味を知らない方もいらっしゃると思いますが、クラウドソーシングで最もメジャーな仕事はライティング、記事作成のお仕事でしょう。今回はライティングのお仕事について解説します。

こんな人に読んでほしい

クラウドソーシングという言葉を聞いたことがある方

これからライティング業を始めたいという方


ネット上で副業を探していると、あるキーワードを目にすることはありませんか?

あるキーワード?

「クラウドソーシング」というキーワードです。

あぁ、確かに。でも実際にクラウドソーシングってどういう意味なのでしょうか?

クラウドソーシングとは不特定多数の人に業務を委託するというプロセスまたはフォーマットです。

なるほど、その不特定多数が副業を探している「私達」ということになるんですね。

ライティング業のやり方


クラウドソーシングはあくまで体系の1つですが、使われる仕事の範囲はだいたい決まっています。

特定の仕事を指す言葉になっているんですね。

はい、主に情報入力やWebデザイナー、記事作成といったデスクワークを指します。

クラウドソーシングの元の意味を踏まえると、それらのお仕事は特定の人ではなく不特定多数の人に依頼するお仕事になるんですよね?

はい、しっかりと仕様通りにできる方であれば、特に資格も必要としません。

けど、データ入力はともかく記事作成は少々ハードルが高いような……。

クラウドソーシングに分類されているお仕事で特に人気が高く、また需要も多いお仕事が「記事作成」です。情報入力も内容次第で記事作成に分類されることもあります。

記事作成は基本的に依頼募集を受け付け、それを張り出し紹介するサイトから案件を探し、応募して仕事に取り掛かるという形になります。ただ、サイトや案件によって事情は様々です。

例えば沢山の数をこなす案件であれば、記事を書いてそのまま応募するだけでOKです。ただし単価の高い案件は応募した後に話し合ったりする必要もあるので、自分にあったスタイルの案件を選ぶことが大切です。自分で交渉することが苦手な方は、代行業者所属のライターとして契約を結ぶ事で、業者側から仕事を回してもらうことも可能です。

何からやったら良いかわからないという方は、バイト募集のライターバイトに応募すると良いでしょう。

コツを掴めば難しくはない!


実際に記事作成のお仕事について気になっている方は居ることでしょう。

簡単に始められると言っても、文章を考えるのは難しそう、というのが正直なところですね。

なるほど、確かに「万人が興味を引くような記事」を書く必要があるのであれば文才は必要ですが、実際ライターとしてやっていく以上は文才よりもコツを把握しているかどうかが大切です。

コツ、ですか?

記事作成において求められている部分を把握しているかどうか、といったことを始めとして様々なコツが存在します。

コツを知ることで始めやすくなる……という事でしょうか。

ライティング業を始めるに辺り、躊躇してしまう方に多いのが「難しそう」というイメージの問題でしょう。実際、文章を書き上げるということだけであれば難しくありません

依頼者が用意する仕様書に書かれた書き方と、注意事項を意識するだけで記事を書き上げることはできます。基本的な情報はネット上から集めてくるので、専門的な知識も必要なく、また資料を集めるためのお金も必要なく、気軽に始めることができます。最低限必要なものとして、ネット環境と記事作成ができる性能があるパソコンが必要になります。

また、サイトによってはスマートフォンで執筆することも可能です。そのままサイトで執筆したり、あるいはワードやテキストで記事を作ってからそれをパソコンへ送り、記事を投稿といった方法も取れるので、外出中もお仕事ができます

外注依頼を出したり、バイト募集をする理由


仕事をする上で、その仕事はどういった理由で依頼されているのか気になりますよね。

確かに、怪しいお仕事の依頼だったりすると困りますからね。

記事作成のお仕事は大抵がそのクライアントが作業などを削減するための目的で出しています。

依頼するとその分お金がかかるのでは?

クライアントがそれらの記事を公開して収入を得るという形であれば、依頼した金額以上の収入を得ることが出来ます。あるいは記事作成を自前で行うこととの作業効率の比較で必要経費と割り切るか、ですね。

なるほど、具体的にはどういった仕組みなんでしょうか……?

基本的に記事作成の仕事を依頼するクライアント、そのほとんどはまとめサイト運営者の方です。記事作成のための情報を集める際に検索して出て来るサイト、それらもほとんどはライターの方が依頼されて書き上げたものだったりします。

依頼を出すなら自分で書いた方が儲けられるのでは?と思う方もいるでしょう。しかし、実際にアフィリエイトブログなどを運営してみるとわかりますが、記事作成とブログ運営は記事数が増えるとどんどん難しくなります

記事の管理、追記修正、コメント管理などなど。更に依頼を出すためにはキーワードを調べたり、話題のネタを仕入れたりしなくてはいけないので、自分で記事作成する時間が確保できないということもよくあります。そういった理由で記事作成には需要があり、まとめサイト運営者はより稼ぐために多くの記事が必要であり、企業は商品を宣伝するための広告記事を必要としています

まとめ

記事作成のお仕事は誰にでも出来ます。パソコンで文字を打つ、パソコンでキーワードを調べる。簡単に記事を書き上げる事ができます。しかし、一人でできる作業量というのは限度があります。アフェリエイトブログで稼いでいる方は運営が手一杯になって記事作成ができなくなった、という経験もあることでしょう。そういった時はこの記事作成センターのご利用をおすすめします。特にアフィリエイトブログの場合は、記事の質がそのまま収入に直結します。記事作成センターではSEOを意識した高品質の記事を提供します。是非一度ご利用をご検討ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成の代行先を選ぶ前に!ハズレを引かないための知識とは?

記事作成入門。naverのまとめ記事作成方法

本当に稼げるの?記事作成は副業として最適なのか

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

アフィブログを発展させるにはバイトを雇い記事作成を依頼しよう

記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?