記事作成の外注化を視野にいれてる人におすすめするライター育成方法

1人で記事を作成していると、コンテンツを充実させていくのに途方もない時間がかかります。そんな時におすすめしたいのが、記事作成代行してくれるサービスです。これを上手く扱えば、記事作成にかける時間を大幅に削減できます。

こんな人に読んで欲しい

1人で記事を作成している方

サイトのコンテンツを充実させたい方


記事作成の進行作業が遅くて、困っているから外注化を考えているんですか?

困っていますね。1人でやることに限界を感じています。

多くの人が感じる壁ですね。そういう場面では記事作成代行できるサイトを利用しましょう。

記事作成代行や、外注化はどのように進めていけばいいのでしょう?

じゃあ、記事作成の外注や代行の方法を書いていきますね。

是非ともお願いします。

1人の力に限界を感じたら記事作成サイトを利用すること


1人で自サイトの記事をいくつも作成するとき、壁を感じる瞬間があるそうですね。

まさに今、その壁を感じていて苦しんいます。

今までたくさんの人を見てきましたが、ある程度の額を稼いでいる人になると、記事作成をライターに外注化している人が多いです。

それはよく聞きます。でも外注化したりすることでコンテンツの質が下がるんじゃないかと躊躇してしまいます。今まで1人で頑張って運営していたサイトが、質の低い記事で埋められるのではないかと心配です。

コンテンツの質は下がりません!……なんてことは断言できませんね。そればかりは頼んだ人によります。けれど、頼んだ記事を手直しする+今後こういう書き方はしないで欲しいといった要求を相手に伝えることはできるので、やり取りを重ねるうちに、質の高い記事を量産することが可能になります。

なるほど、確かにチェックを積み重ねれば、自分の理想に近い記事が作成されるというわけですね。

ライターに任せる前に、まずは自分で書けることが前提


記事作成サイトを利用してライターさんに記事を作成してもらう前に、1人で他人を納得させられるような質の高い記事を作れているかが重要です。なぜなら質の低い記事しか作れなければ、納品されてきた記事に対しても良し悪しがわからないからです。また、記事作成を外注化する前に、記事作成のマニュアルを作ることをおすすめします。

なるほど、確かに自分で記事を作成できないと、ライターからもらった記事がすべて問題かのようにに見えるのかも…それと記事作成マニュアルですか?既存記事を見本としてもらうっていうのはダメですか?

既存記事と記事作成マニュアルは、セットとして考えた方が後々の作業効率は大きく向上しますね。

それはどうしてでしょうか?モデルにして欲しい既存記事を提示するだけではダメですか?

見出しタグの設定やキーワードの入れ方、改行のルールなどの仕様を相手に読み取ってもらえないことがあるためです。記事作成マニュアルと既存記事を見てもらいながら記事を作成してもらい、やり取りしながらライターと2人で記事を作っていきましょう。

そうか…お手本とマニュアルの2つがないと不都合がおきるんですね。でも記事作成マニュアルを作るのに凄く時間がかかりそうですね。

記事作成サイトを利用するときは必ず、手本となる既存の記事と記事作成マニュアルを作成しましょう。

記事作成マニュアルには細かな指定を、例えば見出し後には必ず1行の改行が必要。見出しには指定したキーワードをいれる等の指示が必要です。

記事作成代行で利用すべきおすすめのサイトは?


ここまで記事作成代行・外注化に向けての方法を紹介しました。次はおすすめ出来るサイトの見分け方を紹介します。

こういうところで頼んでもいい。という基準を教えてくれるんですね?

そういうことです。やはり重要視すべき点は実績などでしょう。いくつものキーワードで上位表示できている代行サイトを選ぶことをおすすめします。逆に実績が全くない記事代行サイトはやめた方がいいでしょう。

ふむふむ。確かに実績を証拠として見せてくれているサイトなら、信用できますもんね。よくわかります。

そうなんです。記事作成代行・質の高い記事を作ります!と謳っていても、実績がないサイトには頼まない方が吉です。さて、マニュアルの重要性やライターに質の高い記事を作成してもらう方法を解説しましたが、記事作成だけでなく、記事作成マニュアル作成。コピー・誤字脱字チェックも請け負ってくれるサービスもあるんです。

それ先に言ってくださいよ。

記事作成代行サイトや、一部業務の外注化ができるサイトはいくつもありますが、パワーキーワードを用いた担当サイトが上位表示されているような実績がある会社を選びましょう。SEO対策などができない会社に記事作成代行を頼むなどしてしまうと、上位表示はされてもニッチなキーワードだったりして、本末転倒な結果に陥ることも。

まとめ

1人で記事を作成しており、作業量に頭を抱えている人におすすめできる、記事作成の外注化方法を紹介しました。記事作成センターでは良質のコンテンツはもちろん、ライターアサイン作業、コピー・誤字脱字チェック・記事作成マニュアルの作成まで請け負ってもらえるサイトです。
進捗管理をせずとも、納期までに質の高い記事を提供致します(もちろん、作業途中の進捗状況も確認可能です)。

関連記事

記事作成を依頼する際知っておくべきこと

副業に最適!?在宅ワークと言えば記事作成

げん玉クラウドで売れる記事の作成方法とは?例文を元に解説

記事の作成はライターに任せよう。外注のススメ

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG