記事作成の手間をツールで簡略化!記事作成に便利なツールとは?

アフィリエイトブログで儲けようと考えると、どうしても数をこなすしかありません。しかし、一人だけでは時間的な限界も生まれます。できるだけ儲けたいそんな人におすすめなツールをご紹介します。

こんな人に読んで欲しい

アフィリエイトブログ運営者

極力低コストで収入を増やしたい方


メインのお仕事としても副業としても、元金が少なくて住むアフィリエイトブログなどの記事作成をしている人は少なくありません。

お小遣い稼ぎには最適ですよね。

しかし比較的楽に稼げるとは言え、やはり稼ぎの壁というものが存在します。

個人だとやっぱり作業量も限られてきますからね。

しかし記事作成代行依頼しようにも様々な問題が頭を悩ませることでしょう。

依頼の手間、納期の問題、詐欺、総合的な収支の増減……色々と管理把握する手間が増えます。

1記事の文章量はどれくらい?


実際、アフィリエイトブロクに限らず記事はどの程度の文字で書いていますか?

記事の内容にもよりますからね……。

では質問を変えて、文章量は「何を想定して」書いていますか?

想定、ですか?

記事の文章量を決める時には想定しておくべきことがあるのです。

何でしょうか……。

記事はただ書くだけでは利益になりません。読者がいてこそ利益が生まれるのです。そして一度だけ利用してくれたらそれで良い、そんな発想ではまず売上は落ちていくことになるでしょう。

大切なのはいかに客を固定することができるか、そのためには読者を考慮した記事作りが大切です。人間の集中力は3分しか持たないと言われています。もちろん個人差はありますが、文字の読む速度も合わせて考えた場合、1分におよそ1000文字程度を読める計算になります。

1記事およそ3000文字前後が基本的な文章量ですね。それ以上の文章量で記事を作成する場合、区切りをしっかりと決めておくことで休憩を挟み、読者の集中力を持続させる工夫を行うと良いでしょう。

無料で儲けを増やす方法、自動生成ツールを使おう


記事作成を自分一人で行うとなると、やはり作業の効率化は必至です。

作業が最適化すればその分次のお仕事に手を付けることが出来ますからね。

そして作業を効率化させるには適切なツールを活用することが必要不可欠です。

記事作成の場合だとどのようなツールがあるんでしょうか?

最も主流な記事作成ツールはずばり「自動記事作成ツール」です。

自動作成ツール、響きからして効率的な感じがしますね。

記事自動作成ツールとは、文字通り文章を自動で書き上げ、キーワードに沿った記事を作り上げてくれるソフトの事です。自動で記事ができるなら別にライターなんて必要ないのでは?そう感じる方もいらっしゃるのでしょう。

しかし、そう上手くはいかないもので、Googleでは自動で作った記事というものはいわゆる「スパム」として処理されてしまいます。削除されたりするわけではありませんが、関連するキーワードを検索しても検索結果上位に出てこなくなってしまうのです。しかし、確かに自動生成しただけの記事は弾かれてしまいますが、それに手を加えて「リライト」することで、このスパム処理から逃れることができます

1から3000文字を書くよりも、自動生成で3000字を作り、そこに手を加えて一部を書き換える方が必要な時間は少なくなります。この自動生成ツールを活用することで、より効率的な記事作成が可能となるのです。

自動生成だけじゃない。便利なアプリ・ツール


ツールには他にも様々な種類が存在します。

直接文章を書いたりするものじゃなくて、あくまで自分で記事を書く時に便利なツールですね。

効率化したいけど、自分で文章を書いてこそライターだと言う方。手直しするくらいなら最初から自分で書いたほうがむしろ楽という方。単純に自動で文章を書き上げるということに忌避感を抱く方などにおすすめです。

では、具体的なツールについて教えてください。

では簡単に5つの便利ツール・アプリをご紹介していきます。

お願いします。

記事を作るにはまずキーワードを決める必要があります。最初に紹介するのは「キーワード選定」のツール・アプリです。文章の元になるキーワードは、需要があって調べられるであろう単語や事件、人物名。話題のキーワードや、特定のキーワードに関連するキーワードを簡単に調べだすことができるツールが存在します。記事のネタを、検索需要に沿って割り出してくれるのは助かりますよね。

2つ目に紹介するのは「タイトル作成」のツール・アプリです。タイトルやキャッチコピーは読者の興味を惹き付けるために必要な入り口です。魅力的なキャッチコピーを考えるのが苦手な方におすすめです。

3つ目は「辞書・言い回し」のツール・アプリです。一般的に、インターネットサイト上の記事はわかりやすさが重視されるため、小説のような小難しい言い回しは必要ありませんが、やはり文章を執筆する上で辞書や言い回しを調べることができるツールはとても便利です。

4つ目は「文章校正」のツール・アプリです。せっかく記事を書き上げても、読みにくい文章になってしまっては意味がありません。正しい文法で書かれているか、間違った言い回しをしていないかを調べるツールがあると、より完成度の高い記事になるでしょう。

そして最後の5つ目は「コピーチェック」のツール・アプリです。記事作成において他者の記事をコピーして使うのは、高いリスクが伴う行為です。Googleではコピー記事は検索避けの対象になりますし、元記事の方との問題が起きる可能性もあります。かといって一切の参考資料も無く記事を書き上げるというのは難しいので、できるかぎり違う言い回し・表現にして、コピーチェックで引っかからないように確認しておくと良いでしょう。

まとめ

以上、記事自動生成ツールや、通常の執筆に役立つツール・アプリを紹介・解説しました。これらの便利なツールを活用することで、より効率的に記事を完成させることができるでしょう。しかし、それでもやがて1人では限界が訪れます。より安定した収入を求める方は、一度記事作成センターといった信頼性の高い代行業者を活用してみるのも一つの手ではないでしょうか?

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

関連記事

記事作成で稼ぐには?モッピーで一攫千金する方法

記事作成依頼をする前に知っておくべき事!成功は知ることから

記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

無料ツールは役立たない?記事作成を効率化させるための便利ツール

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG