記事作成の相場はどのくらい?しっかり稼ぐためには

お仕事をする上で、クライアントとのいざこざが発生する代表はお金(報酬)について。働く側はより多くのお給料が欲しい。クライアント側は出来る限り出費を抑えたい。そこで双方が妥協するのが相場です。記事作成の相場価格について解説します。

こんな人に読んでほしい

報酬金でモメた経験のある方

ライティング業の相場がわからない方


ライティングのお仕事を始めたはいいものの、案件の価格がバラバラで戸惑うこと、ありませんか?

そうですね。500文字の記事が500円だったり、2000文字の記事が1000円だったりもします。

ライティング業の報酬には相場というものがあり、ある程度決められた範囲で値段が決定されています。

相場ですか、前述の依頼だと1文字1円っていうのはなんとなくわかりますけど……。

今回はそういった具体的なライティング業の相場を解説していきます。

わかりました。よろしくお願いします。

相場の依頼料の計算方法


まずは依頼料の計算方法について解説しましょう。

依頼料……ですか?

大体この程度の量の記事なら~という計算方法です。

なるほど。

基本的な相場を元にして簡単に計算することができます。

仕事をする上で見積もりは大切ですからね。

記事作成の仕事を依頼、あるいは受注する場合。基本的な相場は1文字1円からです。そこから手数料によって単価が減っていくという形になり、ポイントサイトなどの何かしらライターとクライアントの間に第三者を挟む場合は、文字単価が0.5円や0.1円相当にまで下がってしまうこともあります。

また、記事作成代行業者に所属している場合も同様です。記事作成依頼を行うクライアント側の場合、計算は文字数=相場価格で、直接依頼を受けるライターの方、あるいは代行業者の方は同じく文字数=相場価格として計算しましょう。

逆に、どこかへ所属する、あるいは何かしら仲介して仕事を受けるライターの場合は、仲介料を考慮して文字数x0.5円が相場と考えて計算すると良いでしょう。ポイントサイトなどの場合は更に差し引かれてしまうので、大体1文字0.3円から0.1円程度と考えて良いでしょう。

ライターの腕で報酬は変わるのか?


1文字1円がライティング業の相場。依頼を受ける形によって減る。ということですね。

相場についてはわかりました。しかし……。

何か気になることでも?

いや、相場が1文字1円ということはわかりましたけど、例えばプロのライターの方だと依頼料が報酬が増えたりはしないのかな、と。

なるほど。プロの方ならその腕前だけ依頼量が増えるのでは?という疑問ですね。

プロあるいは大御所というのはギャラがかさむ。そんなイメージがあります。

声優や俳優しかり、シェフやスポーツ選手しかり、その道のプロへの報酬は桁が違います。ではライターもプロになれば給料の相場あがっていくのか?というと、正直なところ、一部のライター以外はそんなことはなかったりもします。

基本的にライティング業、特に記事作成は相場が1文字1円というのがほぼ最大で、誰が仕事をしようがそれは変わりません。腕の善し悪しで変わってくるのは、1記事辺りの質や完成までの速度で、結果としてプロライターは仕事を多くこなせるから収入が多くなるというだけだったりします。さて、例外なのはプロとして知られているフリーライターの方です。

記事作成が儲からないというわけではありませんが、決まった単価の記事を選んでこなすだけでは限界があります。また、フリーライターとして仕事を探す側から依頼される側になることで、依頼料の相場が上がることもあります。ただし、相応の実力があると知られていることが前提です。

料金設定はしっかりと確認しておく


基本的にどんなライターの方も相場は変わらないというのはわかりましたね。

はい、しかしそうなるとプロのライターの方でも稼げる額には限度があるんですよね。

そうですね。直接依頼をお願いされるような方以外は、自分で仕事を探さなくてはならないので、必然的に予め単価が決まった仕事をこなさなければなりません。

しかし……その単価が決められているというお仕事なんですけど、その決まった額から変動したりはしないんでしょうか。

変動、というと?

例えば……納品した記事の質が悪いから、といった理由をつけて料金を値切ろうとする、みたいな。

納品された記事の質が悪い。あるいはこの価格はちょっと高い。そういった理由をつけて値切ったり、料金をケチろうとするクライアントの方も存在しています。

もちろんそんなクライアントの方は極少数ですが、そういった方々の存在は迷惑でしかありません。そういった問題を回避するための方法として、料金を「前払い」という形で支払ってもらう対処法もあります。

払い戻しを要求されたときのために、しっかりと事前に契約内容を決めておくことも大切です。依頼募集をまとめたサイトを利用して応募した方の場合は、そのサイトに問題を連絡して対処してもらいましょう。

まとめ

以上、記事作成のお仕事の相場についてのお話でした。記事作成の基本相場は1文字1円。それ以上に増えることは基本的にありません。多額の収入を得ようとすると、その分仕事をしなければなりませんが、1人でできる仕事量というのは限度があります。より稼ぎたい人はアフィリエイトブログに手を出しますが、こちらも1人では限界が来ます。そんなときには、記事作成センターの利用もご検討ください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方

記事作成入門。naverのまとめ記事作成方法

記事作成代行を依頼する時に単価で選んではいけない理由

NAVERまとめで稼ぐには?人気をあつめる記事の作成について

クラウドソーシングで稼ぐには?記事作成のコツ

在宅バイトで稼ごう!記事作成依頼について