記事作成依頼をする前に知っておくべき事!成功は知ることから

記事作成において大切なのは、いかにして読者を惹き付けるか。記事を書くライターはもちろん、依頼する側も理解しておく必要があります。今回は依頼する側が知っておくべき事を中心に解説していきます。

こんな人に読んでほしい

人を惹き付ける記事の書き方を知りたい人

信頼できる依頼先を探している人


記事作成依頼する側も、記事作成の知識はあるべきです。実際に書くのは依頼先であっても、記事の内容や形式を指示するためにはどのような記事が売れるのかを知っておく必要があります。

実際に書けるならそれに越した事はないけれど、より上手く書ける人を見つけたい。その上手く書ける人を見極めるための知識ですね。

ええ、アルバイト募集や副業として記事作成代行を考えている人におまかせするにしても、その腕前は個人差があるのです。その中からちゃんと希望通りの記事を仕上げてくれる人を探さないといけません。

でも実際にそんな人を見つけるためには、どういうことを知っておく必要があるのでしょうか?

知っておくべきことは様々。まずは記事作成のやり方からおさらいしましょう。

よろしくお願いします。

記事作成のやり方


まずは基本中の基本、記事作成のやり方について。一言で記事作成と言っても、様々な形式・文体が存在します。

単純に書いて欲しい内容を伝えるだけじゃ駄目なんでしょうか?

相手がキーワードだけで目的を理解して記事を書き上げることができるような凄腕ライターならそれでも構いませんが、それでも出来る限り”種類”・文体を指示するのは大切です。

では、実際にどんな種類があるのでしょうか?

そうですね、様々な種類から最もメジャーなものを挙げると「ブログ記事」と「まとめ記事」ですね。

ブログ記事とまとめ記事ですか。解説をお願いします。

記事作成の”種類”としてメジャーなブログ記事・まとめ記事。もちろん他にも分類できますが、今回はメジャーなこの2種を想定して解説します。まず、この2つの記事に共通する構成要素は「タイトル・キーワード・リード文・見出し・本文・まとめ」です。

ここで依頼者が設定、指示すべき部分は「タイトル・キーワード」です。更に限定した内容、具体的に書いて欲しい内容が決まっているのであれば、見出しを指示しても構いません。タイトルに関しても、複数の内容がヒットするようなキーワード設定であれば、どの内容を取り扱うかを指示するために依頼者側が設定している場合もあります。

そしてタイトルを設定する際に大切なのが、いかにして読者の興味を惹く事ができるか。タイトルはいわば玄関です。質素だったり汚い入り口の飲食店には入りたくなくなるように、面白みの無いタイトルだとあまり興味を持たれません。

依頼する前に一度自分で記事作成してみよう


実際に依頼するにしても、納品された記事を見て「どこがダメでどうダメなのか、どう改善するべきなのか」を説明できなければ、お互いが納得できる記事は完成しません。

記事を書いた側も、具体的にどうしたら良いのかを説明されないと、どうすれば良いのかがわかりませんものね。

人にものを教えたり説明するには当然、知っているということが大前提です。そのためにも、実際に一度自分で記事を書いてコツを把握することが大切です。

実際に経験することで、ある程度は悪い所も理解できるようになりますね。

大切なのは第三者の目線でどういう風に説明できるかを理解すること。それではコツを解説していきましょう。

よろしくお願いします。

まず記事を書いていく上で大切なのは、しっかりと見出しごとに内容を絞ること、キーワードに関係の無いことを長く書かないことです。内容は絞らなければいけません。

例として「時計の種類について」という見出しを想定します。ここで求められているのは時計の種類です、腕時計、置き時計、掛け時計といったものからクォーツ時計、機械式時計というものを詳しく解説することは問題ありません。

しかし、ここで「時計の起源や歴史」「種類ごとの詳細な情報」を書くと、1つの見出しには多すぎる情報量となってしまいます。そういったことを避けるために、見出しは細かく分けるようにしましょう。次に「キーワードに関係のないことを長く書かないこと」これは当然のことで、そもそも検索した人はキーワードについて知りたくて検索しています。時計の価格が知りたいのに時計の電池について長々書かれても邪魔なだけです。

絶対に書くな、というわけではなくあくまで「ちなみに」程度の注釈に留めましょう。書き上げた後は見直しを欠かさないようにして下さい。前述の通り頭に浮かんだことをそのまま書き連ねていると、必ずと言えるほど何かしらおかしい部分が見つかります。

記事作成の練習におすすめな形式


では次に実際に書いてみましょう。売れるかどうかを判断するには、練習を重ねてどういった文が読んでいて楽しいかを自分で確認するということが確実です。

初めて手を出すなら、どの形式が書きやすいのでしょうか?

練習におすすめなのはずばり「ブログ記事」です。ブログ記事は自由度が高く、何よりもあまり「厳しくない」というのが練習向きです。

確かに練習をするなら完全に書き方が決まっているような「書かされている」状態よりも自分の意思で考えて「書いている」状態の方が精神的にもいいですね。

記事の内容にもよりますが、機械的で淡々とした語調はあまりよろしくありません。読んでいて疲れる・つまらないと受け取られてしまう可能性が高いのです。

読んでいて疲れるっていうのは確かにマイナスですね。読んでいて楽しい、というのも曖昧ですが、そのあたりは実際に書いて読んでみないことにはわかりませんし。

ブログ形式で練習する際の注意点を述べます。まずは「設定を厳守する」ことです。対話形式なら詳細の解説以外はしっかりと対話形式を続ける。ですます口調の丁寧語で解説するなら、途中で口調を崩したり、感情的な文体は控えなければなりません。

砕けた口調で解説する場合は、なるべく長文にならないように心がけると良いでしょう。具体的には詳細を事細かに語らないということ、砕けた口調の特徴は「読みやすさ・入りやすさ」です。1から10までの深い所まで解説する場合には丁寧語の方が良く、逆に1から5程度の「入り口」のような記事の場合は、砕けた口調の方がとっつきやすいのです。内容ごとに使い分ける、というのがコツですね。

依頼の内容をしっかりと把握してもらおう


いざ記事作成・ライティングのお仕事を依頼するとなると、具体的な依頼内容を伝えなくてはなりません。

曖昧な伝え方で後から「こうして欲しかった」って言われるよりも、最初から細かい方がライターさんも助かるでしょうね。

基本的に依頼する場合は「仕様」という形でどういった形式の記事でどういった書き方が好ましいかを指示します。

実際に仕様を書くにしても、その都度考えるのは面倒ですよね?

そういった場合は事前に依頼用のテンプレートシートを用意するのが良いでしょう。「キーワード・記事形式・語調・文字数・アウトライン」といった形でテンプレートを作ることで、わかりやすくまとめて管理できます。

何事も管理するためにはわかりやすさが大切ですね。

記事作成依頼する場合、形式をしっかり厳守することは当然として、意見を聞くことも大切です。例えば「若年層を対象とした記事」という依頼を受けた方が、「若年層を対象とするには、この文体だと堅苦しすぎるのでは?」という意見を出してきた場合、実際に相談して意見を交わしてみることも大切です。

ただしなんでも意見を取り入れるのはいけません。意見に対し、ちゃんとした理由があるのであればしっかりと説明してもらい、ライターの方に理解してもらうということも必要です。

外注の注意点


では実際に記事作成依頼するとして、やはり依頼する際にも注意点は存在しています。

それはなんですか?

それは「認識」の違いです。

認識の違い、ですか?

キーワードを指示する際に、それが複数の内容に関する事であった場合。依頼した側はAの内容で依頼したつもりが、ライター側は同じキーワードでヒットしたBの内容で記事を書いてしまった。という事が起きることもあります。

確かに、勘違いはどの仕事でも起きてしまう事ですよね。どうすれば避けられるのでしょうか?

認識の食い違いを避けるために必要な対処法は、こちらから予めタイトル・見出しを設定しておくことです。前述したように、キーワード単体を指定して依頼すると、この認識の違いによる内容のズレが発生してしまいます。ですから、幅広い要素にヒットするようなキーワードの場合は、どれを取り扱うかタイトルを予め設定しておけば、認識を共有できます。

タイトルを考えるのに自信がないという方は、仮タイトルでも構いません。また、途中で確認することで、早期に方向違いを発見するという対処法も存在します。

まとめ

ここまで記事作成依頼をするための準備や前提について解説しました。しかし実際に依頼するとなると、どこへ依頼すれば良いのか迷ってしまうなんて方もいらっしゃるでしょう。そういった時は記事作成センターにおまかせください。記事作成は迅速で、品質管理も徹底しております。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

もはやPCいらず!スマートフォンで記事作成を行うためのアプリ

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

記事作成の求人をかける上で知っておきたい3つの秘密

wikipediaで記事作成するには?不正・宣伝はNG

本当に稼げるの?記事作成は副業として最適なのか