記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ

「日本最大級のクラウドソーシング」と喧伝されている記事作成サイトクラウドワークス。90万人以上の登録者を記録しているこのサービスで稼ぐコツや、クラウドワークスそのものについて解説します。

こんな人に読んでほしい

記事作成サイトを探している方

クラウドワークスについて知りたい方


記事作成が可能なサイトは複数存在します。その中でも記事作成だけに特化したサイトは、それぞれ特徴があります。

差別化しないと上位と下位で人気がわかれてしまいますしね。売り出せる特色は必要です。

クラウドワークスも記事作成サイトの1つです。「日本最大級のクラウドソーシング」という謳い文句でサービスを提供しています。

日本最大級!というと凄いという印象が出てきますね。

今回はクラウドワークスについて、そしてクラウドワークスを使って稼ぐコツなんかを解説していきます。

各サービスの特色を知っておくと、利用の仕方もわかりますよね。

初心者でもわかるクラウドワークス


まずはクラウドワークスについて解説しましょう。

日本最大級のクラウドソーシングといいますけど、クラウドソーシングってなんですか?

クラウドソーシングとは一般的に「不特定多数の人間に業務を委託する」という仕事の形式ですね。

なるほど。

他にも「プロクラウドワーカー制度」やこの制度を元にした「クラウドワーカーボーナス」など。スキルマーケットプレイス「WoWme(ワオミー)」なども展開しています。

色々やっているんですね。

クラウドワークスは同名の株式会社が運営するクラウドソーシングサイトです。2012年にサービスが開始していて、「時給制」と「固定報酬制」の2つがあります。2016年には登録者数90万人、2017年には登録者数160万人と順調に登録者数を増やしています。

依頼者・受注者両方が登録でき、お互いがお互いの事を確認した上で仕事を契約するので、ライターは企業側の承認を得た上で始めることができ企業側はどのライターに仕事を任せるかを把握した上で契約することができるというメリットがあります。

クラウドワークスでの記事作成のやり方


クラウドワークスは登録制サイトなので、まずは会員登録を行いましょう。

登録しなくても依頼できるみたいですが?

依頼の場合は登録しなくても構いませんが、受注の場合は登録が必要のようです。

なるほど、メールアドレスで登録する以外にもYahooやGoogleのアカウントで登録できますね。

登録を終えると次は仕事を選ぶ、あるいは依頼できます。

では今回は仕事を受注する方法の解説お願いします。

クラウドワークスに登録後、まずはカテゴリ選択を行います。記事作成の場合は「ライティング・記事作成」を選びましょう。すると検索結果が出ますので次は「プロジェクト形式・コンペ形式・タスク方式」といった3つの形式の中から、自分にあった形式の案件を探しましょう。

プロジェクト形式は依頼者と相談しながら仕事を進める形式です。コンペ形式は、複数の案の中から1つを選ぶ形式。そしてタスク方式は、応募・契約といった手順を飛ばし、ただ記事作成をして納品する形式です。詳細を選ぶと、記事の内容・受注条件・料金などなどの情報と、タスク形式ならタイトル・本文などを記入する欄が表示されます。

したい案件を選んだら応募しましょう。企業側が採用決定すると、お話が進んで契約することになります。

コツと売れる記事の書き方


では記事先作成する段階に移りましょう。

よろしくお願いします。

タスクならともかく、契約した以上は信頼に足る質の記事を納品しなければなりません。

記事作成のハードルは他のサイトに比べるとちょっと高めですね。

はい、ある程度記事作成の経験を積んでから利用することを勧めます。

初心者だと契約する時に迷惑をかけてしまうかもしれませんからね。

売れる記事を書くためには何よりも「しっかりと応募内容を把握する」ということが大切です。基本的にしっかりとした文章を書くことができるのであれば、依頼者側が設定した要求事項や禁止事項を参照しつつ書き上げていくことで、依頼者の求める記事を書き上げることができます。

さらにそこから正しく文章として読みやすいかどうか問題のある表現を使っていないか余計な事で文章を稼いでいないかなどを確認することができれば、より良い記事を書き上げることができるでしょう。

まとめ

クラウドワークスについて解説しました。クラウドワークスには仕事の成績が良いプロライターに対して「プロクラウドワーカー制度」という制度でプロクラウドワーカーに認定されるということがあります。そして、このプロクラウドワーカーには3ヶ月で最大10万円のボーナスを支給する「クラウドワーカーボーナス」という特別ボーナスが存在します。プロクラウドワーカーに認定されるほどの腕があれば、ライターとして食べていくことも夢では無いですよ。認定されるほどの腕があるのであれば、独立して記事サイトを運営することもできるでしょう。そういった時は、記事作成代行業の利用も収入の向上のために必要になります。もし、独立して運営するクライアント側になった時は、この記事作成センターの利用を検討してみてください。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

記事作成を依頼する際知っておくべきこと

将来ライターは廃業になる?人工知能による記事作成の可能性

記事作成で稼ぐには?モッピーで一攫千金する方法

クラウドソーシングで稼ぐには?記事作成のコツ

バイトに最適な記事作成のお仕事を始める前に知っておくべきこと

記事作成で稼ぐには?初心者でもできる効率的な稼ぎ方