質の良い記事は正しいマニュアルから!記事作成マニュアルについて

何事もしっかりやり遂げたり、発注通りに作ったり、良いものに仕上げるにはしっかりとしたマニュアルが必要です。記事作成においても同様で、ライターを育成するためのマニュアルは必要不可欠。今回はそんなマニュアルに関するお話です。

こんな人に読んでほしい

記事作成代行業者の方

アフィリエイトブログを運営していて、外部ライターを雇おうと考えている方


マニュアルとは説明書です。電化製品やゲームとは違って、仕事で用意されたマニュアルを読まないというのはまずありえません。

ゲームなら説明書なしで遊ぶのも醍醐味かもしれませんが、仕事だと何もいいことはありませんよね。

しかし仮にマニュアルを読んだとしても、内容がしっかりとしていなければやはりミスの元になります。

そもそもの支持がややこしかったりすると、読んだ人も混乱するからですね。

そこで今回はしっかりとしたマニュアルの作成方法を解説します。

よろしくお願いします。

マニュアルの構成


まずはマニュアルの構成について解説しましょう。

わかりやすい内容にするにはしっかりとした構成が必要不可欠ですよね。

マニュアルにおいて大切なのは必要な事を説明できているか、です。

情報不足でも指示内容を察せる人は限られていますからね。

なので極力わかりやすく、そして何度でも読み返せるものを作りましょう。

では、どのような構成が読みやすいのでしょうか?

マニュアルの構成に必要なものは、まずはなんといっても目次です。マニュアルは一度読んで終わりというわけではなく、何度も読み返して都度覚えていくものです。よって、どこに何が書いてあるかをわかりやすくするためにも目次は必要不可欠です。

それに続いて、まずは最低限必要な事は最初に書き、そして終わりは内容の要点を抜き出しましょう。記事作成のマニュアルに大切なのは、どのような内容の記事を書くかではなく、どういった書き方をすべきか伝えることです。

他には記事を書く上でのルール、文章の形などといった基礎的なこともマニュアルに盛り込みましょう。あまり徹底して書くとマニュアルが長大化するので、出来る限り簡潔にした方が見やすくなるでしょう。

参考にpdfで公開されているマニュアルを読んでみよう。


記事作成マニュアルで検索するとpdf形式で公開されているマニュアルが存在します。

参考にするには丁度いいですね。

他にも、記事作成以外のマニュアルもネットで調べると見ることができます。

他のマニュアル、ですか?

内容は異なるとはいえ、説明書という役割自体は同じです。ですから構成や工夫を学ぶことができますよ。

なるほど、実際にマニュアルを読んでわかりやすいマニュアルを学ぶということですね。

実際にマニュアルを作る前に、他の企業が作っているマニュアルを参考にするというのは悪いことではありません自分がわかるからわかるだろうという先入観は、わかりやすさを意識しなければ無意識に反映されてしまいます

結果として、自分はわかるけど他の人にとってはわかりにくい物が完成してしまうのです。だからこそ、実際に別の人が書き上げたマニュアルを読むことで、良いところ悪いところを学習し、反映させることでより完成度の高いマニュアルが完成することでしょう。

外注向けマニュアル


ここまでは代行業者内のライターに向けたマニュアルであるということを前提にお話しました。

というと?他にもマニュアルを必要とする事があるんですか?

はい、例えばアフィリエイトブログ運営者や、外注依頼をメインとしている方などもマニュアルは必要でしょう。

なるほど、この場合は説明書というよりも仕様書という形のマニュアルですね。

はい、基本的にはどういったものを求めているか、というのを伝えるためのマニュアルになります。

となると同じマニュアルでも大きく変わりそうですね。

外注向けマニュアルに必要なのは、研修向けのマニュアルのような基本情報よりも、記事作成について具体的な要望などをまとめた仕様書形式のマニュアルです

記事の形式、ターゲット層、視点、NG事項などなどをまとめます。基本的に自社とは無関係な他者に見せるものなので、「何をどうしてほしいか」ということをしっかり伝えられるようにまとめることが大切です。

ライター側がマニュアルで確認すること


実際にマニュアルを見ることになるのはライターの方ですよね。

そうですね、わからないことがあったりしたら見直したりしますから。

そこで次は、マニュアルを利用するライター側からマニュアルのよく確認すべき点を解説します。

よく確認すべき点、ですか?

言ってしまえば、マニュアルとして機能しているかどうか、ですね。

なるほど、ですがマニュアルとして機能しているかどうか確認することができなければ、説明書としての体をなしていないということになりますからね。

差し出されたマニュアルを読む人も、マニュアルがきちんとマニュアルとして機能しているかどうかを判断しなくてはなりません。例えば「人の興味を惹くような文章で」という見出しの項目において、具体的にどういった書き方をすればいいのか。

それを理解できるような内容でなかった場合は、直接聞いたりして確認した方が良いでしょう。このあたりは読解力や理解力の違いになるかもしれませんが、マニュアル自体が不出来という場合は、わかりにくいと指摘することで改善されるかもしれません

まとめ

完成度の高いマニュアルさえあれば、ライターの育成の効率も良くなるでしょう。しかし、いくらマニュアルが良くても読む人の読解力次第では理解されず、結果としてマニュアルにそぐわない記事を書いてしまうこともあります。そんな事態を招かないためには、最低限マニュアルを理解できる人員かどうかを見極めることが大切です。記事代行センターではしっかりと選び抜かれたライターによって、安定した質の記事をご提供いたします。

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ

 

関連記事

ライティング業とは何か?記事作成の需要について

副業に最適!?在宅ワークと言えば記事作成

在宅バイトで稼ごう!記事作成依頼について

アフィブログを発展させるにはバイトを雇い記事作成を依頼しよう

格安で記事作成代行は危ない?安く依頼するための方法

記事作成案件最大数!クラウドワークスで稼ぐコツ