記事作成を依頼するときの単価感や相場の考え方


正直初めて記事作成業者に記事の作成を依頼するときなど幾らで依頼していいものなのか、記事作成業者の見積もりを鵜呑みにしてもいいものか?など気になることが多く記事作成業者への発注が億劫になることもあるんじゃないでしょうか?今回はそんな皆さんにとっての答えを提供できればと思います。


結論!記事作成依頼の単価や相場感とは?

記事作成は、依頼する際の意図や記事作成のジャンルによって様々な単価感が存在します。

まず、ざっくりした幅で言うと、1文字あたり@0.5円から10円の幅で存在します。その単価幅の中からどういった場合に変動があるのか?いくつか抜粋してどんな記事がその単価なのか説明していきます。

 

文字単価@0.5円の記事作成依頼すると?

文字単価@0.5円で記事作成依頼できる場合というのは、クラウドソーシングなどで個人の方へ依頼することができる単価感です。しかし、クラウドソーシングの中でも実績十分な個人の方は@1円や1.5円以上でないと受けてくれないケースが多く、@0.5円で発注できる場合というのはとても簡単なテーマの記事作成や、記事ごとの文字数が少ない案件、初心者向けの記事作成などに限られるケースが多いでしょう。

また、@0.5円で記事を作成したいと考える側の意図としては、中身の質にあまり興味が無い場合が考えられます。例えば、サテライトサイト用の記事作成などがそうです。

その場合、中身の質はあまり問われることがなく低単価での取引になるケースが多い印象です。

 

文字単価@1円の記事作成依頼すると?

文字単価が@1円くらいになってくると、一般的なアルバイト収入か人によってはそれ以上稼ぐことができる単価になります。

記事作成センターのライター陣の1時間あたり執筆できる文字数は1000~1500文字といったところです。

その場合、@1円だと1000円から1500円獲得できることになります。アルバイトよりも稼げる可能性が出てくる反面、そういった案件はクラウドソーシング上では取り合いになる傾向にあり、競争環境が生まれ質の高い記事を作成依頼することができるかもしれません。

ただし、クラウドソーシングなどを使って記事を大量生産するなどの場合は、こういった方法は適さないかもしれません。なぜなら、ライター陣それぞれとのコミュニケーションが必要で、さらにはライターからあがってきた記事をチェックする時間に追われるからです。

 

文字単価@2円の記事作成依頼すると?

文字単価が@2円くらいになると、クラウドソーシングではなく、専門の記事作成業者などへ依頼をかけやすくなります。

先程のクラウドソーシングへ記事作成依頼する際の懸念点であるライター陣の管理や、ライターから納品された記事のチェックに奮闘することなく、文字単価@2円を出すことで、記事作成業者が代わりに代行してくれます。

あまり価格だけに囚われ、発注してしまうと結果的にコストがかかっていたなんてこともあります。記事作成を発注依頼する際は良く検討した上で発注先を決めましょう。

 

文字単価@5円の記事作成依頼すると?

文字単価が@5円になると、手取り足取り記事作成業者が対応してくれる単価感と言えます。

例えば記事の企画やキーワード選定、SEOに適した記事の設計や、WordPressへの投稿作業も代行してくれるかもしれません。

文字単価@5円の世界は、読み手の質も担保された上で検索エンジンに向けた質も担保された記事が仕上がる単価感といえます。

 

文字単価@10円の記事作成依頼すると?

文字単価が@10円クラスになると、ただ単に検索上位に表示させるような記事ではなく、記事自体が、ネット上をシェアされる、話題になる、バズるといわれる記事の作成を依頼することができるでしょう。

検索エンジンでの上位表示では、需要の範囲が限定されますが、バズる記事の場合、青天井にインプレッションを獲得することができるかもしれません。

 

記事作成センターでは全方位で記事作成中!

記事作成センター

いかがでしたでしょうか?ある程度どんな単価をだせば、どんな記事が仕上がるかの単価感がみえたかとおもいます。

記事作成センターでは、文字単価@1円~5円ほどの記事の作成を中心とし記事を作成しております。お見積のご依頼はお気軽にお申し付けください。


▼お見積のご依頼やこんな記事でも大丈夫ですか?などのお問合わせでも結構です。

記事作成問い合わせ