記事作成代行を依頼する時に単価で選んではいけない理由


記事作成を外注しようと思いいくつかの記事作成代行業者から選んだり、クラウドソーシングなどへ依頼することがあるかと思います。その際の判断基準には記事単価や文字単価があるでしょう。とにかく安く発注したい!依頼したい!外注したい!という気持ちが前のめりになりすぎて価格だけで選んで依頼すると後悔するケースがあります。そんな一例をご紹介していきます。


「クラウドソーシングが安いと聞いたけどライター管理が大変!」

そうです。クラウドソーシングでは、文字単価0.5円。場合によってはそれ以下でも応募する人さえいれば安い金額で発注できてしまいます。

しかし記事が納品されるまでに要した作業時間を考えてみてください。

 

管理する側の記事納品までの作業時間が重要

まずクラウドソーシングでライターに記事を依頼する場合、ライターを集めるために案件内容や募集文章を作成する必要があります。タイトルなどはライターが興味を引くように設計する必要がありますし、案件内容は実際の作業内容とズレが無いよう気をつけなければなりません。

募集文章の作成が完了するとライターからの応募が来るまで待つ時間が発生します。今依頼したいから募集するのに、場合によっては待ち時間が発生します。

運良く応募があったとして、その応募者が案件に的確かどうか判断する必要があります。実際に経験あるのだろうか?ちゃんと期日をまもって納品してくれるだろうか?仕様を守ってくれるだろうか?

こんなことを日々思いながら一人一人対応していく必要があります。

 

納期が守られないケースも多い

さぁ応募があり案件も依頼しました!あとは期日に記事が集まるかどうか。

実際に期日に集まった記事は80%。その中で仕様を満たしていたのは60%。なんてことがありえます。もちろん基準に満たない場合は承認する必要もなく費用は発生しないかもしれません。

ただし、その管理者の作業時間は戻ってはきません。再度同じ流れを1から進めることになるでしょう。

記事作成依頼するときに単価だけで選ぶと間接コストが膨大にかかるケースが多い、ということがご理解いただけたかと思います。

 

クラウドソーシングが悪いわけではない

もちろんクラウドソーシングを活用しうまく回されている方もいらっしゃいます。そういった方々は上記のやり取りを乗り越えられた方々です。

クラウドソーシングを活用することで記事作成の幅は間違いなく広がります。しかしこの記事でお伝えしたいのは単価だけで選ぶという判断基準は間違っているということです。

間接コストを把握し、そのコストも含めてコストパフォーマンスがいいのはどの記事作成代行か?というのを考える必要があります。

 

記事作成センターではライターアサインからコピー、誤字脱字チェック込みで@1.5円から

記事作成センター

記事作成センターでは、めんどうなライターアサインや、品質チェックなどをお客様負担ではなく、記事作成センターがすべて代行し、文字単価1.5円~の水準で提供させていただきます。

また記事作成センターでは、ライター陣が内部スタッフのためアサインスピードが早く急な記事の作成などでもご利用いただきやすいサービスとなっています。


▼お問合わせはお気軽に。サンプル記事の作成も承ります

記事作成問い合わせ