記事作成を業者に依頼し質を担保するコツ


日々多くのお客様から問い合わせいただくことがありますが、中には個人の方特にアフィリエイターさんからのご依頼も多く受けることがあります。

アフィリエイターさんの中には自分で記事を書いていたけども、記事作成業者に外注するのが初めてでどう依頼すればいいのかや、どう依頼すれば伝わるのか?に悩まれている方が多いように思います。

もちろん記事作成業者それぞれにヒアリングシートなどを用意し対応しているのですが、今回は記事作成依頼の方法で質を担保するコツをご紹介できればと思います。


記事作成の質を担保する依頼方法

その1「タイトルや見出し、参照元を指定する」

なーんだ当たり前の話じゃないかと思われた方も多いと思いますが、初めて記事作成を発注される方で多いパターンが、読書感想文のような長文で記事の作成を依頼されるケースが非常に多いです。

こうこうこういう流れで最後はこういう締めでお願い!という指示を1000文字程度送られるケースがあります。

これではお互い時間の無駄になりかねません。

最もスマートでわかりやすい記事の依頼方法は、タイトル、見出し、参照元(参考URL)を見出しごとに提示する。これをするだけで、執筆側は記事の意図や流れを理解することができます。

また見出しごとに参照するURLを変えることで、重複率の低下を防ぐことができ、コピーチェックの観点からも質を担保できる依頼方法と言えます。

 

その2「キーワードを指定する」

いやいや、そんなことを記事ごとに指定している暇ありゃしまへんわー!という方もいらっしゃいます。その場合は、記事ごとにベースとなるキーワードを指定してあげましょう。

キーワードが指定されればそのキーワードのニーズや困り事、解決が必要な内容などを精査した上で記事の作成が可能になります。

しかしこの場合、細かく指定していただくよりも執筆に時間がかかることがあり割高になる場合もあります。

中にはキーワードの指定のみで割安に発注できるケースもあります。

即納記事を扱う「記事カウ」では、キーワードの指定のみで記事を発注できる便利なサービスです。

 

その3「サンプル記事の作成を依頼する」

これは結構重要な事で、その後のお互いの関係性を築く上でも重要な方法といえます。

もちろんすべての業者やライターがこういったことを対応してくれるとは限りませんが、ダメ元でもサンプル記事の作成を依頼してみましょう。

ただし、サンプル記事を依頼する際には欲張らず最低限質を確認できる分量や内容で依頼しましょう。

サンプル記事の内容がよくその後継続した取引ができるのであれば記事作成業者からとってもサンプル記事の1つや2つなんてことはありません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?記事の作成を発注される際は、なるべく文章で長々と意図を説明するのではなく、要点を抑えた発注を心がけましょう。

また記事作成業者が提供するサンプル記事無料キャンペーンなどを利用し、意図するものが仕上がってくるかどうかをご紹介した発注方法で試してみるのもいいかもしれません。


記事作成センターでは、サンプル記事無料キャンペーンを実施中です。

ぜひご利用ください。お問い合わせは下記から可能です。

記事作成問い合わせ