記事作成を依頼する際知っておくべきこと


記事作成センターでは、多くのクライアントに対して記事作成サービスを提供させて頂いております。毎月数千記事数百万文字もの記事を納品させていただいており、多くのリピーターの皆様によって支えられているサービスとなっております。

この記事作成実績集では、記事作成の実績はもとよりそもそもの弊社がおもう記事作成に対する考え方などをお伝えできればと思います。


記事作成とは?

記事作成とは、元々SEO対策の一部の対策であるサテライトサイトの制作、構築用に利用されるサービスとしてウェブマーケティング業界の言葉として発展してきました。元々はサテライトサイト用の記事作成の意味合いが強い言葉でしたが、現在では記事作成というとコンテンツマーケティング用の記事作成という意味合いのほうがウェイトを占めているのではないでしょうか?

元々の記事作成ではサテライトサイト利用だったこともあり、内容は読めたものではなく検索エンジンを騙す形での運用がなされていることが多い印象です。人に読ませるものではなく、機械に読ませる文章であり、内容が伴わない文章の羅列が多く存在しました。

昨今Googleの検索エンジン自体が評価制度をあらため内容(コンテンツ)重視の路線へ移り変わったこともあり、被リンク対策の一部であったサテライトサイトの需要は低減されていきました。

その需要と切り替わる形で新たに現れたのがコンテンツマーケティングです。

“Content marketing is a strategic marketing approach focused on creating and distributing valuable, relevant, and consistent content to attract and retain a clearly-defined audience — and, ultimately, to drive profitable customer action.”

コンテンツマーケティングとは、適切で価値ある一貫したコンテンツを作り、それを伝達することにフォーカスした、戦略的なマーケティングの考え方である。見込客として明確に定義された読者を引き寄せ、関係性を維持し、最終的には利益に結びつく行動を促すことを目的とする。

What Is Content Marketing?

http://contentmarketinglab.jp/content-marketing/what.html

コンテンツマーケティングとは上述されているように、企業のマーケティングの一環として、企業のサービスやプロダクトをよりよく知って貰う機会を提供し、その機会を検索エンジンから獲得する施策をいいます。

企業にとってはリスティング広告に代表される検索連動型広告内での競合との競争激化の影響でCPC(クリック単価)が上昇し、業界によっては広告コストとして見合わない現状もあります。特にそういった企業ではコンテンツマーケティングに力を入れることでマーケティング施策全体でのCPAやCPO(顧客の獲得あたりコスト)を低下させることに成功し始めています。

またそれだけでなく、コンテンツマーケティングは顧客を育成する効果もあります。見込み客ではあるがすぐに行動を移さないであろう層に対してコンテンツマーケティングは有効で、そういった見込み客の前段階のユーザーに対してアプローチする手段としても活用されているのがコンテンツマーケティングです。

記事作成センターでは、コンテンツマーケティングを実施するのに必要不可欠な記事作成サービスや、記事の企画サービスなどを提供しておりクライアントのコンテンツマーケティングによるエンゲージ獲得を支援しています。

 

記事作成代行依頼する際の注意事項

記事作成代行依頼する際は、何に注意が必要でしょうか?

記事作成のサービスを依頼する際は、記事作成の業者ごとにどういった記事が得意なのか?今までの実績や質、SEOに準拠した記事の作成が可能かどうか?記事の生産体制はスピーディーか?毎月数百記事依頼可能か?などを比較する必要があります。

特に注意が必要なのが記事の質部分です。

記事作成センターでも、お客様が求める質に適合せずご依頼頂けないケースも御座います。常にサービスの質を向上させていきますが、これはどうしようもないことです。

ただ最も危険なのが発注後にその事実が判明することです。

記事作成センターでは、そういったことがないよう質を求められるお客様には事前にサンプル記事を作成させていただきます。内容をご確認いただき問題ない場合ご依頼いただくフローを回すことでお客様の想定と記事作成センターの想定を事前にすり合わせることで納品後のトラブルを制限することができています。

そのため記事作成依頼する際、業者選定の際は、事前にサンプル記事を作成してもらえるか?という点は非常に重要と考えます。

次に重要なのがSEO対策に準拠した記事の作成が可能かどうか?という点があります。

記事作成サービスを提供している業者の中には、雑誌などを中心に活動する編集プロダクションと呼ばれる分野の方々もサービスを提供されています。

編プロの中にはWEB業界をあまり知らないケースもあり、記事は作成できるが、その記事がSEOに適しているのかどうかが分からないケースもありえます。

そういったことがないよう、事前に確認を怠らないことが必要でしょう。

 

記事作成のチェック体制

記事作成では、納品前にいくつかのチェックが必要になります。

  • 記事が丸々他の記事のコピーになっていないか?
  • 記事に誤字脱字はないか?
  • 記事の文章が長すぎないか?
  • 適切に見出しわけされているか?
  • タイトルが検索ユーザーを惹きつけるものになっているか?

などお客様のご依頼内容に沿って様々なチェックが必要になります。

記事作成センターでは、どんな記事のご依頼であってもコピーチェックは必須事項となっており、それ以外のチェック項目は、想定される記事内容やご予算によってチェック項目をご提案させて頂く形となります。

 

記事作成のキーワード選定方法

記事作成をする際、大半の記事では検索キーワードに沿った記事の作成を行います。

その際利用するのがGoogleが提供するキーワードプランナー、キーワードアドバイスツールと呼ばれるものです。

こういったツールを使用しキーワードの需要を知ることが可能です。集客を目的とした記事の作成の場合、全く需要がないものに対して記事を作成する必要はなくある程度需要が見込めるキーワードを選定しそのキーワードを検索する人がどんな情報を求めているか?という点を設計し記事の作成を行います。

ここで重要なのが、「検索需要」と「どんな意図か」という点です。

検索需要がないものに対して記事を書くことは意味がありませんし、検索需要があるものであっても、その検索意図を理解せず、考えきれないまま記事の作成を行うことは非常に危険です。

もし検索需要のみ想定し、意図を度外視し検索順位が向上した場合であっても、その記事では直帰率があがり、滞在時間が低下しサイトそのものの価値を低下させることに繋がりかねません。

そのため「検索需要」と「検索意図」の両輪で記事の作成を行う必要があります。

 

SEOに適した記事作成

先述した内容と近くなりますが、SEOに適した記事の作成とは何なのでしょうか?

前述したように、「検索需要」と「検索意図」をもとにした記事の作成がSEOに繋がると考えています。その上で「検索需要」の見つけ方はお伝えしましたが「検索意図」の見つけ方はまだお伝えできていません。

「検索意図」はどのように知る必要があるのでしょうか?

例えば下記の3つのキーワードで記事の作成を行うとします。

  • フラダンス
  • フラダンス パウスカート
  • フラダンス パウスカート 作り方

一つ目の「フラダンス」というキーワードで検索される人はどういった意図をもって検索するでしょうか?ざっくりとフラダンスのことを知りたい人であると想定できるかもしれません。

二つ目の「フラダンス パウスカート」はどうでしょう?フラダンスで使用するパウスカートについて知りたい人という想定ができるかもしれません。

三つ目の「フラダンス パウスカート 作り方」はどうでしょうか?これは明確ですね。フラダンスで使用するパウスカートの作り方を知りたい人でしょう。

となるとこれらの記事の内容はどのように決めればよいのでしょうか?

方法論の一つとして最も適しているのがヒアリング、インタビューを実施することです。フラダンスやフラダンス パウスカートなどで検索する人、検索したことがある人に直接伺いどういった意図、目的を持って検索したのか聞き出しどういった情報が欲しかったのか?という点を聞くというのが最も検索意図をぶれなく知る方法です。

さらにはそこで知り得た検索意図を深掘りするコンテンツを提供することで検索需要と検索意図が合致し、結果的に検索順位が向上することが見込めるでしょう。

もう一つの検索意図を知る方法論として「共起語」を活用する方法があります。

共起語とは検索意図とも言いかえられるかもしれませんが、検索したキーワードに付随するキーワードに関連するワードや知りたいことが共起語です。

よく検索エンジンで候補検索がズラッと並ぶこともありますが、それも共起語の一種です。

共起語を知ることで検索意図を知る参考にすることができます。

共起語」と検索するとそれらのツールが多くあります。一度利用してみてください。

 

記事作成センターをご利用ください

手前味噌ではありますが、記事作成センターではあらゆる記事作成需要に対応したサービスの提供が可能です。またサンプル記事も無料で作成させていただいております。

是非一度ご利用いただければと思います。


記事作成センターhttp://e-writing.net/


記事作成サービスのご案内

記事作成センターでは、様々なパターンの記事作成サービスを提供しています。

検索キーワードに基づいた記事の作成から、検索キーワードとしてはあまりボリュームはないけども想定するペルソナへ提供する記事の作成まで。数多くの実績を残してきました。

記事作成の単価はどういった仕様、決まりごとのもと執筆するかによって変動し、概ね文字単価@1.5円~3円にて対応させて頂くケースが中心となっています。

例えば1000文字の記事作成の場合、1500円~3000円で対応させて頂く形となります。

またこの単価には記事作成に必須であるチェックサービスも踏まれており、コピーチェックや誤字脱字チェックなども含まれた単価となります。

 

記事作成センターのライター陣

記事作成センターではライターを直接雇用する形で記事作成サービスを提供しています。

一般的に記事作成サービスやコンテンツマーケティングサービスでは、クラウドソーシングサービスを利用しライターを集め執筆することが多いですが、弊社はクラウドソーシングを利用するよりもコストメリットある形で提供させて頂いております。

一般的にクラウドソーシングを利用すると記事作成自体の費用は抑えることが可能です。弊社で提供させて頂く単価よりも圧倒的に安いです。これは事実です。

しかし、よく考えていただくと記事作成をクラウドソーシングで依頼する場合、記事作成の費用だけではないコストが発生する形となります。

  • ライターアサイン作業
  • 仕様策定、マニュアル作成作業
  • コピーチェック、校正作業
  • 誤字脱字チェック、校正作業

これらの作業を対応するコストを考えると実質の文字単価は弊社へご依頼いただくほうが圧倒的に格安であることがご理解いただけるかと思います。

弊社では内製部隊としてライターを抱えることでスピーディーに案件のご依頼に対応することが可能です。


記事作成依頼はこちらからお問い合わせください

記事作成問い合わせ


 

コメントを残す